日本酒度と酸度

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

日本酒の瓶には、面白い情報が色々載っています。

そのなかで、「日本酒度」と、「酸度」という気になる指標があります。

調べたところ、日本酒度は、日本酒の比重を表すものだそうです。

日本酒のなかのエキス(いわゆる糖分)が多いと、比重が重くなります。
日本酒度は、比重が増加すると下がる(-)値です。

日本酒度が低いと=甘口、日本酒度が高いと=辛口
値範囲は、-15?+15ぐらい

酸度とは、日本酒のphを表したもので、値が高いと濃厚、低いと淡麗という感じらしい。
値の範囲は+1.5が平均。

二つの値の組み合わせで、お酒の味が大体分かるそうです。
お酒を飲む際には、これらの値に注意して飲むと、面白そう。

まてよ、これからは、飲んだお酒の値をメモしておいて、、、

データーベース化しておけば!

これは、絶対に面白いことができそう!!

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です