ボウリング 投げ方のコツ

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

私はボウリングが得意です♪
田舎の大学を出てまして、その周りにある娯楽といえば、ボウリングかカラオケしかありませんでした。

必然的に、ボウリングが、上手くなるわけです。カラオケは上手くないですけど(^^;

GW最終日に、久しぶりにボウリングに行ってきました。
予定していたテニスが、雨で流れてしまったので。

結果はこんな感じ。


2ゲームやって、179と184.
なかなかのもんでしょ?

球質はいわゆるショートフック(カーブ)といわれる投げ方です。

普通に投げ始めて、リリースに近づくにつれて、徐々に親指を10時の方向へ。そして床に近いところで置くようにリリース。無理にひねるのではなく、親指の方向を変えるだけです。

人間の手って、親指より中指や薬指のほうが長いので、普通に投げれば、親指が最初に穴から抜けます。なので、絶対にフックがかかるのです(知ってました?)

あまり曲げずに、コントロール重視。曲げが大きいとちょっとの誤差が増幅されてしまいますので。

曲がらなくても、スピードが無くても、回転さえかかっていれば、ピンは思いっきり倒れます。
逆にいくら球速が速くても、回転がないと、ピンが残りますので注意です。

この日は手首の切れがすごく良くて、良い回転がかかってました。
テニスとかもやっているので、手首が柔らかくなっているのかな?

この日の好調さを忘れないように、ボウリングの投げ方のコツをメモをしておきます。

ボウリング☆わかったメモ

・男性は黙って15ポンド。コントロール重視のパワーを補う。
・投げる直前の立ち姿勢は、右足を屈伸しながら集中し、全身の力を抜く。
・球は後ろにあまり引っ張らず、フォロースルーを大きく
・球のリリースは置くように
・フォロースルーで、狙ったスパット上に球が流れるようにコントロール
・中指を意識したフックはしない。リリース時に斜め軸のジャイロボールを意識する

※ボーリングではなく、ボウリング。ボーリングは穴掘りのことです。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメント

  1. うかブログ より:

    [動画]ボウリング、華麗なる投げ方
    何を隠そうこの私、ボウリングの県知事杯ジュニアの部優勝経験者です。えぇえぇ。参加者2名でしたけど、何か?…

  2. 浜田 より:

    こんなスコアーなら、ハウスボールでも出せるよ。恥ずかしいスコアを出すなボケ。下手くそ

  3. とおりすがり より:

    >浜田
    残念なコメントですね。
    イタイ人だ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です