伝わるウェブ文章 むだな部分を省く

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

先日、過去記事のブラッシュアップを行った。

今回修正した箇所をまとめてみた。
以前の記事「伝わるウェブ文章の書き方まとめ」と合わせて、参考にどうぞ。

+++

【むだな表現】
私の文章は、むだな表現が本当に多い。昔から染み付いた「くせ」だろう。
同じ意味ならば、文章は短いほうが良い。

「こと」
× 成功することができる
○ 成功できる

「のです」
×そのビールは、美味しいのです
○そのビールは美味しいです

「ものなの」
×何を説明するものなのか 
○何を説明しているか

「とか」
×トヨタとか、ホンダとかの技術
○トヨタやホンダの技術

「非常に」
×私は非常にうれしい
○私はうれしい

【漢字が多い】
漢字が多い文書は、読んでいて疲れる。

「出来る」
×私は運転出来る
○私は運転できる

「事」
×私の言いたい
○私の言いたいことは

「幾つか」
×幾つか代案があります
○いくつか代案があります

【よけいな接続詞】
無くても意味が通じる接続詞を入れない。

「ので」
×時間になったので、先に出発した
○時間になった。先に出発した

「さて」

×前回は雨の中の試合となった。さて、今回は…
○前回は雨の中の試合となった。今回は…

「また」
×運動はダイエットに効果的だ。また、ストレス解消にも良い。
○運動はダイエットに効果的だ。ストレス解消にも良い。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です