カービングスキー

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

前月は志賀高原へ。
今月も白馬と志賀へ行く予定です。

数年前から履いているカービングスキー。これまで、イマイチ使いこなせていませんでした。
今シーズンに入ってから、コツを掴みつつあります。

昔はこわくてできなかったハイスピードターンが、できるようになってきました。

そのコツをメモしておきます。ちょっとしたことです。

カービングスキー☆わかったメモ
・ターン開始の加重はつま先から。ターン中も前より加重を意識。
・上体はスキージャンプのように前へ。水泳の飛び込みのように斜面を蹴る(もともと後傾ぎみなので)
・外足の前方内エッジを押さえる感じ
・外足ブーツのべろに体重を預ける。ひざを曲げるのではなく、体の前傾を支える感じ。
・急傾&小回りは、テールのずらしを利用して減速しつつ、スキーの運動を止めない。
・スピードを上げる。スピード限界を高めないと、上手くならない。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です