出生届を提出

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

出生届(しゅっしょうとどけ)を無事提出してきました。

晴れて、わが子も日本人になりました。

出生届の書類は、産院関連の情報と、医師の署名が書き込まれたものを産院から頂きました。

出生届けの書き方は、こちらを参考に

出生届提出と同時に行えることは

?健康保険証の発行
?出産育児一時金の申請
?児童手当の申請
?こども医療費助成、こども医療費受給者証の申請

など。各自治体によって、項目は違うかもしれません。

役所に行けば、担当の方が手続きの順序を指示してくれるはずです。良く話しを聞いておきましょう。

私の住んでいる市では、出産育児一時金を現金でその場で頂けました。

児童手当は収入額による制限があります。
その場で受給資格があるかどうかを確認してもらえました。

今日のわかった

子供の医療費などの助成って、自治体によって待遇が全然違うんですね。
ウチの市は…orz まあ、引っ越す予定があるから良いけど。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメント

  1. オレンジスカイ より:

    そうなんですよ、全然育児に関する助成の金額が違うので、引っ越す場合はかなり要チェックです。

    私の住むところはありがたい事に5歳になった今も「診察も入院も」原則無料です。けれど、ほぼ実費という街もあるのです・・・。アレルギーなどがなくても、ほとんどの子どもは病院通いが続くので侮れません~。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です