ポケモンGOジョギングのすすめ。ランナーに有利?

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ポケモンGO ジョギング

毎日ジョギングを日課にしています。ジョギングのついでにポケモンを探せば一石二鳥ではないか?と思い、ポケモンGOを始めてみました。

「ポケモンGOはランナーに有利」だと思いました。

スポンサーリンク

速く走り過ぎない!

ポケモンGOのスピード制限は10kmだそうです。キロ6分です。これ、私の場合、普通に走るとスピードオーバーしてしまいます。スピードが速すぎると、ペネルティが発動して、より長い距離を走らないといけないそうです。

なるべくゆっくり走りましょう。7km/分くらいだと、LSD的なトレーニングになります。普段なかなか出来ない練習です。

実際には、ポケストップに寄ったり、信号待ちなどがあるため、スピードはそんなに上がらないでしょう。

卵をドンドン孵化できる

たまに現れる卵を孵化させるためには、一定の距離を移動する必要があります。一番長い10kmでもランナーならいつものジョギングの距離。しかも6km/分でOKなら、楽勝です。

卵を孵化できることが、ランナーの一番のメリットです。

ポケストップをジョグで回る

近所のポケストップをジョギングで回るコースをつくりましょう。効率よくアイテムを収集できます。場所を覚えておきましょう。

ルアーモジュール

近所でルアーモジュールが使われていれば、走って急行できます。ルアーモジュールが続く時間は30分です。でも、ポケモンGOの地図上で確認できるくらいの距離なら、ランナーなら10分もあれば到着できます。

ポケモンが現れやすい?

歩いている時よりも、ポケモンに遭遇しやすい気がします。一定の距離を歩くとポケモンが出現する仕組み? 感覚値なので、違うかもしれません。

アプリ画面を表示したまま走る

ポケモンGOのアプリ画面を表示した状態で走らないと、移動距離がカウントされないそうです。ウエストポートなどにスマートフォンをしまうときに、いつもの癖でディスプレイを消さないようにしましょう。

NIKE+やジョグノートなどのランニングアプリを使うと、バッテリーの消費が速くなります。バッテリーが心配なら、ランニングの記録は、GPSウオッチなどで行いましょう。私は2つiPhoneを持って走っています。

【追記8/13】レベル21に到達

ジョギング中にコツコツポケモンをゲットしつつ3週間。近所にポケストップを8箇所を2kmで回れるジョギングコースを発見して、ぐるぐる回っています。田舎でもなんとか頑張っています。

LV20に到達して、ポッポ進化ラッシュでLV21へ。30分で70匹くらいしか進化できませんでした。まだポッポはたくさんいるので、また70匹に達したら、しあわせのたまごを利用して進化ラッシュで、LV23近くまで目指したいです。

今日のわかった

ジョギングは習慣になっているとはいえ、どうしても単調になってしまいます。特に夏の時期は暑くて気が滅入ります。今年はポケモンGOのおかげで、夏の時期も楽しく走れています。

ただし、週末から予定しているスピード練習の時は、ペナルティをもらってしまうので無しで。つなぎのジョグでポケモンを探します。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です