キャッシュのクリア方法(PHP PEAR/Cache_Lite)

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

当サイトで公開しているサービスのキャッシュは、PEARのCache_Liteのモジュールを利用している。⇒キャッシュ方法変更

放っておくと、キャッシュファイルがどんどん溜まっていく。
ギガバイトレベルのキャッシュが溜まってしまうこともしばしば。

すごく困っていた。

しかし、良く調べてみたら、期限切れのキャッシュファイルを自動削除する方法があった。

automaticCleaningFactor というパラメータを設定する。
‘automaticCleaningFactor’=’10’とすれば、新規キャッシュ保存時に、1/10の確率で他のキャッシュで期限切れのものを消去してくれる。

例文はこんな感じ。

$options = array(‘cacheDir’ => ‘/temp/’,’caching’ => true,’lifeTime’ => 3600, ‘automaticCleaningFactor’ => ‘100’);

$Cat_Cache_Lite = new Cache_Lite($options);

この例文なら、1/100の確率でキャッシュをクリアしてくれる。
20?200が推薦値だそうだ。

これで、キャッシュ容量を最小限することができる(^^)
よしよし!

実際に組み込んでみたら、キャッシュが1/10くらいに減った。
本当に良かった。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です