PEARをレンタルサーバーにインストールする方法

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

マイナーなPEARライブラリはレンタルサーバーにインストールされていないことが多いです。

そんなときは、自分でインストールすることが可能です。

ライブラリファイルを個別にインストールして、プログラム中でincludeすれば良いのです。

しかし、色々な階層のファイルから呼び出したい場合は、rootからの絶対パスで指定しても、うまく呼び出せないことがあります。

そういう場合は、どの階層からも、同じようにライブラリを呼び出せるように、”include_path”を設定しておきます。

スポンサーリンク

.htaccessを編集

ネタもとはこちら↓

レンタルサーバーでPEARを利用する方法(S-MEMO)

.htaccessファイルに

<IfModule mod_php5.c>

php_value include_path “.:/(rootからの絶対パス)/PEAR”

</IfModule>

と記入。

※PHP4を利用している場合は、<IfModule mod_php4.c>と書き換える

PEARインストール

PEARサイトのPackages⇒PEARより、PEAR本体をダウンロードし、解凍する。

上記で設定したサーバー上の「PEAR」フォルダにPEAR.phpをアップロードする。

ライブラリをインストール

上記PEARフォルダに、インストールしたいライブラリの入ったフォルダをアップロードする。

Pear::Net_UserAgent_Mobileのインストール例はこちら。

あとは、通常通りにライブラリをinclude or requireをすれば利用できます。

今回、Pear::Net_UserAgent_Mobileライブラリを利用しようとしたら、深い階層からのライブラリ呼び出しに失敗したため、今回紹介した方法を行ってOKになりました。

ご参考にどうぞ

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です