日本平夢テラス 建築美と富士山を堪能

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

2018年11月にオープンした日本平夢テラス。

日本平の上にあり、富士山や南アルプス、駿河湾といった絶景を、360度楽しむことができるテラスです。

先日初めて訪れましたが、思いのほか良かったのでご紹介します。

日本平は標高216mの丘陵地です。天気の良い日だと、富士山や南アルプス、駿河湾などの絶景を楽しめます。

古事記の舞台とも言われている土地です。ヤマトタケルノミコトの伝説が残っています。

また、海側には国宝「久能山東照宮」があり、徳川家康のお墓があります。日本平山頂からロープウェーで行けます。

テラスは、木材をふんだんに使った作りになっています。オクシズ(静岡市北部の山間部)の木材を使っているのでしょう。

すごい格好良いデザインです。現在、新国立競技場を作っている建築事務所が設計したとのこと。なるほど。納得のデザインです。

木材の厚みを、バラバラにしているところなどに、こだわりを感じます。

この建築を見に来るだけでも、価値があると思います。

館内には、日本台の歴史に関する興味深い展示があります。もっと充実させてくれると、面白くなりそう。

お茶できるスペースもあります。静岡名産の緑茶がメインのようです。

そして、やっぱり一番の魅力は景色ですね。360度パノラマは素晴らしい。

テラスへの入場料は無料です。

日本平は桜の名所でもあります。今週末は「日本平桜マラソン」も開催されます。

気温が上がってくると、ガスがかかってきて、富士山がよく見えなくなります。気温が低い時期の方が、景色を楽しめるのでお勧めです。

富士山も、雪をかぶっていたほうが綺麗ですしね。

マラソン本を出版しました。フルマラソン、ウルトラマラソン、富士登山競走がテーマです。

今日のわかった

日本平はかなり引き出しがある地なのにもかかわらず、これまで観光地としてしっかり開発されてきませんでした。

今回テラスができたことで、「静岡市に来てもらっても、どこにも行くところがない」は回避できるようになったかな?

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です