Movabletype3.xで関連記事表示

まだMovabletype3.xを利用中。
Movabletype4.xが良いという話が、あまり聞こえてこない。なんでだろ?

今回は、Movabletype3.xで、関連記事を掲載する方法を紹介しておく。

今までは、その記事が属しているカテゴリーの記事を「関連記事」として表示させていた。

しかし、カテゴリー内の記事が多くなってくると、多くのリンクが出来てしまうので、ちょっとウザイ。

数を絞ったリストを表示させておいて、全部見たい場合は、カテゴリーページへ遷移して見てもらうようにしたほうが、SEO的にも、ユーザビリティ的にも、良いと思う。

かといって、同カテゴリー内の記事の先頭の数件だけを表示させると、それらの記事だけにリンクは集中してしまい、上手くない。

そこで今回は、前後数件分の記事を表示する方法を取った。
当ブログでも使用している。ぜひ見て欲しい。

今回参考にさせて頂いたのは、この記事。
http://yhiroaki.s45.xrea.com/mt/archives/2005/02060814.php

Again Pluginと、PreviousNextInCategoryを併用する方法。Again Pluginは本家のサイトが閉鎖されてしまったらしく、上記ブログからダウンロードできる。

作業の順序は以下の通り。

1)PreviousNextInCategory.plファイルをエディタで開く

2)sub _hdlr_entry_previous_in_categoryの中に下記の赤色文を追加

my $cat = $e->category
or return ”;
if ($ctx->stash(‘category’) ne ”) {$cat = $ctx->stash(‘category’);}
my $prev = $e->previous(1);

3)sub _hdlr_entry_next_in_categoryの中に下記の赤色文を追加

my $cat = $e->category
or return ”;
if ($ctx->stash(‘category’) ne ”) {$cat = $ctx->stash(‘category’);}
my $next = $e->next(1);

4)Again PluginとPreviousNextInCategory.plを[MT]/pluginにインストール

PreviousNextInCategory.plの属性を705にする。

5)下記記述をエントリーテンプレートに追加し、再構築


※limit=”3″は前後3つの記事を表示するという意味。お好みに変更できる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました