スーパーママチャリグランプリ – 富士スピードウェイをママチャリで疾走してきた

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

DSC_8787

2013/1/12に富士スピードウェイで行われた、スーパーママチャリグランプリに出場してきました。

正式名称は、

スーパーママチャリグランプリ – ママチャリグランプリ2012最終戦チーム対応7時間耐久ママチャリ世界選手権 (第6回 ママチャリ日本グランプリ)

です。なにやら大げさな感じですが、超楽しかったです。

スポンサーリンク

真のチャリンコ王決定戦!

ママチャリグランプリは、F1も走っていた富士スピードウェイの本コースで実施される、本格的な自転車耐久レースです。1,250の参加チームで、一周4.563kmの富士スピードウェイを7時間耐久で何周できるかを競います。

ママチャリのレギュレーションはシンプルかつ厳格です。自転車への改造は絶対に不可。サドルは83cm以下。ハンドルは95cm以下。エントリー時に車検があります。完全にママチャリでないといけません^^

本格的な自転車レースだと、軽い素材を使った高価なバイクを購入することで、ある程度のタイムは買えると言われています。しかし、ママチャリGPではそうは行きません。みんな普通のママチャリです。つまりこれは、真のチャリンコ王決定戦!

IMG_2940

富士スピードウェイをママチャリで疾走

ママチャリグランプリでは、F1も走っていた富士スピードウェイのコースをそのまま利用します。

富士スピードウェイは最大高低差が35mで10-12階建てマンションに相当します。8割が下りで、ラスト2割が急坂というハードなコース。1/3くらいの人は坂道を登り切れず、自転車を降りてひいて登るくらいのキツさです。

よって、2周もすれば脚がガクガクになり、ドライバーを交代することになります。ドライバーの交代はF1さながらのピットゾーンで行います。

DSC_8776

ドタバタながらも無事完走!

私が参加したチームはドライバー9人。ランナー、クライマー、MTB、サーファー、レーサー、ゴルファー、外回りで毎日自転車に乗っている女子銀行員、夢遊病者など、その道の強者が揃いました^^

全員初めての参加だったので要領がわからず、メンバーがスタート時間に揃わなかったり、ピットインで次のドライバーが居なかったりと、トラブルは色々ありましたが、無事完走できました。順位は532位/約1250チームと、上出来でした。

IMG_3037

私は1周、2周、1周の合計4周走りました。一周のラップタイムは11分弱くらい。私を抜いて行くのは数人で、その他の数百人をぶっちぎりできて楽しかったです。

DSC_8753

レース中の出番を待つ間は、アウトドア風に過ごしました。BBQ、おでん、カレーなどを食べながらマータリ。

みんなで面白可笑しく、真剣に楽しく取り組む素晴らしさ

レース終了後は、F3000のデモンストレーションが行われました。2台のマシンが爆音を轟かせながら、コースを爆走。

「チマチマ走ってるんじゃねえよ!」みたいな。

ママチャリのペダルを必死に踏んだ参加者達の頑張りを、ものの見事粉々に打ち砕いてくれた走り。清々しい素晴らしいデモンストレーションでした。

IMG_3025

今回のマシンです。メンバーの一人が経営している会社で、つい先日社用車として購入したニューマシンです。乗りやすかった!S社長ありがとうございます!

今年のスタートの様子です。本場北京を上回るwママチャリ集団の疾走を観たら、出場したくなるはずです。国家斉唱にレクサスのセーフティーカー、レースクイーン、残り時間を伝えるアラーム、スタートシグナル…。マシン以外はすべて本物。否が応でも気分がノってくる素晴らしい演出でした。

ママチャリグランプリはものすごい人気で、毎年いつ参加申し込みが始まるかも分かりません。時期が来ると、交代で夜もチェックして申し込む開始を待つ必要があります。

スーパーママチャリグランプリ。みんなで面白可笑しく、真剣に楽しく取り組む素晴らしいイベントでした。

全コースレポート!

一番最後の周回は、iPhoneを片手にゆっくり走って、何度かコース脇にマシンを止めて、写真撮影しながら、15分くらいでゆっくり走ってきました。レース中のコースの様子がよくわかると思います。コースマップはこちら

IMG_2875

ピットを出て、第一コーナーを目指します。

IMG_2876

第一オーナーに侵入。気持ちよくコーナーを切ると、コース一番の下り坂です。

IMG_2877

この日、何度も救急車が出動した事故の多い下り坂。慎重にかつ大胆にスピードアップして第二コーナーへ。コースを変える時は、後ろを確認しましょう。

IMG_2880

第二コーナーからコカコーラコーナーまでは平坦。爽快にペダルを踏んでスピードアップ!

IMG_2881

IMG_2882

IMG_2883

100Rへ侵入。ここからちょっと上り坂。

IMG_2885

でも、富士山が真っ正面に見えるので気持ちいい!自転車を停めてパチり。

IMG_2889

IMG_2891

アドバンコーナーに突入!

IMG_2893

IMG_2895

IMG_2896

富士山が見える!

IMG_2898

IMG_2901

IMG_2903

複合コーナーを抜けて、

IMG_2906

ダンロップコーナーまで最後の下り坂。一気にペースアップ。

IMG_2911

IMG_2912

富士山綺麗だなーっと、言っている間もなく、その下に見える急な登り坂が…。多くのライダーが自転車を降りて、引いているのが見えます。

げー!!この坂を登るの??

IMG_2916

IMG_2918

IMG_2919

IMG_2921

ひえー!綺麗だけどキツい!!

IMG_2922

頑張れ!坊ちゃん!

IMG_2923

IMG_2928

IMG_2930

第十三コーナーに突入。メインスタンドはまだまだ上!

IMG_2933

プリウスコーナーまでは平坦。すこし休めます。

IMG_2935

IMG_2936

プリウスコーナーからは最後の登り。この頃には両足の太ももがパンパンに。

IMG_2939

IMG_2940

IMG_2944

IMG_2945

あと少し!あともうちょっと!と念じながらひたすらペダルをこぐ!

IMG_2948

最後のパナソニックコーナー突入。これで最後だー!

IMG_2950

IMG_2953

IMG_2955

IMG_2956

登り!

IMG_2958

切ったー!!

IMG_2961

IMG_2966

IMG_2967

ホームストレートを爆走!

IMG_2969

ピットが見えてきました。

IMG_2971

IMG_2975

IMG_2980

ピットは人でごった返しています。

IMG_2995

IMG_3010

一番先の、我がチームのピットに到着!なんといっても、仲間が出迎えてくれる瞬間が嬉しかったです。リレーレースの醍醐味ですね。

来年もチャンスがあれば、ぜひ参加したいと思っています。

DSC_8758

スーパーママチャリグランプリ – ママチャリグランプリ2012最終戦チーム対応7時間耐久ママチャリ世界選手権

今日のわかった

本当に感動したイベントでした。こういう楽しいイベントを開催してくれる人の企画力・行動力、そして、大会開催に関わったすべての方に感謝します!

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です