「弱者の兵法」は、人生の成功戦略である

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ランチェスター戦略という言葉だけは、以前から知っていました。

弱者は「接近戦」「ゲリラ戦」を選択したほうが、戦果が高くなるという、ランチェスターの法則から生み出された戦略です。

この戦略は、ビジネスはもちろん、スポーツでも成り立つと考えました。一般人の人生の成功法則の一つとして、覚えておいて損はありません。

スポンサーリンク

ビジネスは、ジャンルを絞って接近戦へ

商品数やジャンルを広げすぎると、大手スーパーや、Amazonのようなネットモールには敵いません。特にインターネットは飛び道具なので、ランチェスター第二法則である質×量の二乗に当てはまり、物量に勝る大手に対抗するのは難しいです。

個人、中小が行うべきは、商品、ジャンルを絞っての接近戦です。ランチェスター第一法則、質×量の一乗となり、個々の一騎打ちなら勝算が出てきます。

スモールビジネスで一番の方法は「ファン」を作ることです。明確で魅力的なコンセプト、タイトル、ライフスタイル、継続力を結集して、ファンを一人づつ増えてくれれば、確実にマーケットを拡大できます。

スポーツは点差を無くす戦術を取る

サッカーやバスケットなどの球技は、ディフェンスラインでボールを回して、可能な限り時間を使う。相手にボールを持たれる時間を減らすことで、失点を最小限にすれば、一発逆転の可能性があります。

マラソンなら、雨や高温、低温、アップダウンが多いレースを狙います。高速選手のスピードが落ちるからです。もし「暑い日のレースが好き」といった、得意なレース展開に持ち込めれば、上位に食い込める可能性が出てきます。

スポーツをするなら、弱者の戦術を知っているかどうかは、大きな差になってきます。

手持ちの戦力で何ができるか?

手持ちの武器で何ができるのかを考えることは、とてもクリエイティブな作業です。

人間は範囲を制限されたほうが、創造性を発揮しやすいとも言われています。

自分の能力や武器を棚卸しして、一点突破できる最も効果的な戦略を練ってみましょう。いわゆる一発屋ですね。しかし、一発でも当たらないと、次へは行けません。

エリア狭めて、持てるリソースを集中して、泥臭く粘り強く戦っていく。

スマートではありません。しかし、ランチェスター法則に従っていて、実は成功への一番の近道です。

今日のわかった

誰だって最初は弱いです。正々堂々とは言いますが、強者にまともに当たっていたのでは、絶対に敵いません。

目標を分析し、思考をフル回転させて、弱いところを突きつつ、自分の強みを活かしながらチャレンジしていく。

ただ漠然とするのではなく、考えることが大切です。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です