山梨の名物といえば、ほうとう専門店「小作」

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

山梨のほうとう 小作

どこの県にも、●●県といえばここ!というお店があると思います。山梨といえば、このお店しかないでしょう。小作です。

小作は山梨県に9店舗を構える、山梨県地元密着のほうとう専門店です。(長野県の諏訪にも1店舗あります)

ほうとうは、山梨県の栄養満点の郷土料理です。うどんをもっと幅広く平たくしたような麺と、たくさんの野菜を味噌で煮込んだものです。武田信玄が野戦食として採用したことで、広く伝わったと言われています。

小作看板

軽井沢に行く途中、久々に小作に寄って昼食をとりました。清里高原店です。お昼時にちょうど通りがかったので。

小作水車

小作店内

小作は、どの店舗も雰囲気が良いです。水車もあります。店内は、古民家風です。広い座敷になっています。

私はいつも通り、シンプルな「かぼちゃほうとう」をオーダーしました。ほうとうといえば、かぼちゃです。

小作 かぼちゃほうとう

来ました!小作のかぼちゃほうとう。鉄鍋でやってきます。

小作 ほうとうの麺

麺はこんな感じ。

小作 ほうとうのかぼちゃ

小作 ほうとうのかぼちゃ

かぼちゃがゴロリ。3-4つ入っています。

小作ほうとうのごぼう

人参やさつまいも、ごぼうといった、根菜系の野菜がたくさん入っています。

小作の味噌スープ

そして、この味噌のスープが素晴らしい。温まります。

小作のゆず七味

小作のゆず七味をかけた様子

かなりのボリュームで、いくら食べても減らない感じです。そんな時は、テーブルに置いてある「ゆず七味」がおすすめ。ほうとうに一振りすると、風味が変わります。

子どもを連れて行くのであれば、取り分ければ十分な量です。

ちなみに、かぼちゃほうとうは1,150円。量を考えると、かなりリーズナブルなお値段だと思います。

ほうとう以外にも、海老天丼が気になります。今度チャレンジしてみたいです。

小作清里高原店の様子

今日のわかった

先日紹介した、「信玄餅ソフト」と一緒に、ぜひ食べに行ってみてください!

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です