コブ初心者がとりあえずコブ斜面を滑り降りれる方法

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

IMG_8558

コブ斜面を上手く滑れるようになりたい!と思い始めて9年。ようやく形になってきました。モーグル選手のような直線的な滑りでありません。コブの裏側を確実にガリガリ削って降りてきます。

ドタバタ感は否めません。でも、まずは降りてこれなければコブ攻略は始まりません。コブ斜面は、降りてこれるレベルに達するまでが、ものすごくハードルが高いのです。

私が気をつけているポイントを紹介します。本当にちょっとした意識付けで、あっという間に滑れるようになりますよ。

スポンサーリンク

何が何でも板を曲げるという強い決意を持つ

初心者がコブの中でターンを続けていくには、自然に綺麗にターンするとか考える必要はありません。強引に力づくで板を曲げていく決意が必要です。でないと、あっという間に板と体が遅れてコース外にすっ飛ばされます。

実はコブの上ではトップとテールが宙に浮くので、簡単に板を回せます。直角近い角度でも、案外簡単に回るものです。

コブ斜面の場合、平斜面とは違い、ターンするルートは決まっています。怖がっている暇はありません。まずは、滑り切ると決めることです。

後傾の撲滅

コブ斜面で腰引けてしまう「後傾」になってしまうと、ドンドンスピードが速くなって、暴走してしまいます。

後傾を治すには、ブーツのベロにスネを常に当てることです。ベロにスネを押し込むことで、強いエッジングが可能になります。

ただし、膝を曲げて体重をベロにかけることではありません。動作はむしろ逆で、膝を伸ばすことでベロにスネを押し込みます。

ブーツの中でつま先を上げると、後傾になりません。

コブ斜面ではショックに対応するため、膝や上体を曲げず、伸ばしておく必要があります。雪面に板が接していた方が有利なので、コブの溝に向かって足を伸ばしていきます。

膝を伸ばしていくことで、すべてが安定します。

テールをコブにぶつける

コブ斜面の基本はスピードコントロールです。コブの裏を横滑りで削ることでスピードは大分落ちますが、スピードが増してくると、ターンが精一杯で、コブ裏を上手く削れないことがあります。

そんなときは、テールをコブにぶつけると急減速できます。ぶつけてコブに乗り上げるようにすると、時間的な余裕も生まれます。深いコブの方がぶつけやすいです。

足はくっつける

コブの中で、両足が開いてしまうと、板の操作が極端に難しくなります。コブの中は非常に狭いので、バラバラに操作するよりも、一枚の板のように考えたほうが操作しやすいです。

両膝をピッタリくっつけるようなイメージが良いでしょう。コブ裏を削る時に板が離れやすいので注意。離れてしまうと、外足だけのエッジングになってしまい、減速が弱くなります。

膝の方向をコブの溝に合わせて「右、左、右」とテンポよく変えていきましょう。

整地の小回りも、脚を開きすぎるとターンしにくいですよね。コブの中では足をくっつけるくらいでちょうどよいです。

ストックを突かないとコブでのターンは不可能であることを知る

力づくで板を回すと言っても、それが簡単にできれば苦労は要りません。深い溝コブの中で、板を振り回すのは難しいです。実はコブ中のターンには救世主がいます。ストックです。

初心者コブ斜面滑り方

左ターン(左足が外側)でコブの溝に落ちたら、左手のストックを前のコブの頭(コブの向こう側だと更にgood)に突き刺すと同時に上体のショックを支えます。そして、刺したストックを支点にして、右ターンでスキー板をコブの裏側に回りこませます。そして、コブの裏側を削って、次のコブの溝に落ちます。

今度は右手のストックを前のコブの頭に突き刺して、左ターンでコブの裏側に板を回りこませて、削って落ちて……。これの繰り返しです。コンパスで円を描くようなイメージです。ストックが針で、板が鉛筆のような感じ。

ストックは板の近くに刺した方が、力が入る代わりに、ストックと板と接触してしまうこともあります。気持ち板から離して刺したほうが安全です。

普通の斜面でできないことは、コブの中でもできない

学生時代の知人が言っていました。「普通の斜面でできないことは、コブの中でもできない」 名言です。

コブ斜面を練習する前に、上手い人の滑りを観察して、「ジャッ、ジャッ、ジャッ」というターンの周期を覚えておきましょう。

そして、同じ周期で、コブの脇にある同じ斜度の斜面でショートターン滑ってみてください。

無理矢理でもなんでも、同じ周期でターンできなければ、コブの中でも滑れません。徹底的に板を振り回して練習しましょう。

IMG_8562

▼▼▼▼

上記の内容は、スキー素人が自分の経験・感覚を元にまとめたものです。

専門家の視点からなら、もっと効率的に上手くなる方法があるかもしれません。もし、良い方法があれぜ、ぜひ教えて下さい!

※当記事は2014/3/7に投稿し、2016/2/13にリライトして再投稿しました。

【参考】

今日のわかった

一応SAJスキー検定一級で、コブ斜面だけは合格点もらってます。

これからも、コブ斜面を見つけて、色々なパターンのコブ斜面を滑って、経験値を積みたいです。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメント

  1. 新海英人 より:

    かん吉さん。はじめまして。
    当方68歳、ゲレンデスキー暦60年、年季だけでやってきましたが、人生の仕上げに?
    コブを滑ってみたいと思い2シーズン目。
    たまに上手くいくと、10ターンそれ以上は出来ません。しかし、かん吉さんは9年目とやらで、勇気付けられました。なんとかズルズルでもいいからゆっくり完走が目標です。
    今回は踵加重の話、目から鱗でした。試して見ます。
    これからもよろしくお願いいたします。

    • かん吉 より:

      スキー歴60年 ! すごいです。基礎はできているのでしょうから、滑れるようになりますよ。

      2008年の春にSAJ2級を取得した直後から、1級を取得しようとコブ斜面に入り始めてから、9年も経ってしまいました^^

      コブをある程度滑れるようになると、整地の滑りも変わってきます。2級の滑りと1級の滑りはまったく違うと最近感じています。その辺のことも改めて記事にしてみようと考えています。

  2. 島崎 朋司 より:

    テクを目指している初老の男です。毎月の様に掲載されるスキー雑誌の”コブ攻略法”などよりずっと合点のいく記事でした。有難うございました。お互い頑張りましょう。

    • かん吉 より:

      コメントありがとうございます。テク目指してるってすごいですね。私も来シーズンは10久々に1級チャレンジしてみます。

      スポーツの動きの感覚は、人によって異なるので、自分に入ってくる言葉も色々なんですよね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です