この先生きのこるために「学ぶために」学んでも、実戦では通用しない

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

学ぶことは大切です。人は学ぶことで、新しいものを生み出すことができるようになります。

しかし、ただ漠然と学んでいても、学ぶだけで終わってしまいます。

学びは目的ではありません。手段です。実現したい目標を持って、必要なものを学んでいくのです。

スポンサーリンク

目標とズレたトレーニングは効果が小さい

スポーツには、特異性の原理というものがあります。ジョギングをしても、テニスは上手くなりません。スクワットをしても上半身の筋肉は鍛えられません。目標に合ったトレーニングが必要です。

サッカーのリフティングは、サッカーの基本練習としてよく行われます。しかし、試合中にリフティングする場面は、ほとんどありません。

リフティングが上手いからといって、試合でも活躍できるわけではありません。なのにもかかわらず、リフティングばかり練習するのは、「練習のために練習をする」ということです。

もちろん、リフティングは必要な練習です。トラッピングやボール使いが間接的に上手くなるということはあります。しかし、サッカー技術の一部分でしかありません。試合で活躍するためにすべき練習は、他にもたくさんあるはずです。

「目標」の重力が、本当の学びを引き寄せる

学びも同じことです。目標がなければ、いくら学んでも無駄なのです。資格を取得するために勉強しても、その資格を利用して実現したい具体的な目標がなければ、何の意味もありません。

手持ちの技術で、まずは挑戦してみることです。上手く行かなかったり、失敗することもあるでしょう。しかし、実際にやってみることによって、外からは見えない景色を把握できます。自分に不足しているものを見つけられます。

教科書を1ページ目から順番に読んで、漠然と「学ぶ」人よりも、効果的に成長していけます。自分に必要な部分だけを読んで、すぐに新たな実践にフィードバックできるからです。

小さいことからチャレンジ

結局のところ、人の成長は「何を目指すか」で、決まってしまいます。良い目標が見つかれば、何が何でも実現しようとするでしょう。その過程で、色々なことを学び吸収し、一回り大きな人間になれます。

何を目指したいかわからので、とりあえず色々学んでみるという意見があることは、否定はしません。しかし、早く何か目標を見つけないと、パワーが発散してしまいます。

我々に、色々なことをまんべんなく学ぶ時間はないはずです。力を集中して、一点突破です。まずは小さな目標でもかまいません。まずは実践してみて、一つ突破すれば、新たな地平線が見えてくるはずです。

【参考】

今日のわかった

せっかく学ぶのであれば、新しいチャレンジに活かしたいですよね。

子どもと違って大人には、ゆうゆう勉強している時間は無いはずです。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です