Kindle電子書籍出版の収益を、手数料無料で受け取る方法

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

KDP(Kindle電子書籍出版)で書籍が売れると、収益を受け取れます。KindleはアメリカのAmazonが運営しているため、収益はアメリカから送金されます。

海外からの送金には、リフティングチャージという手数料がかかります。一回につき2,000円前後(受け取り銀行によって異なる)です。せっかくの収益が目減りしてしまいます。

私は新生銀行の口座を作って、受け取り口座としました。実際に振り込まれて確認したところ、リフティングチャージは発生していませんでした。レポート通りの金額を受け取ることができました。

スポンサーリンク

新生銀行の口座で受け取る

KDPの収益は、新生銀行で受け取れば、手数料はかかりません。私も電子書籍が売れ始めてから、慌てて口座開設をしました。

新生銀行の申し込みは、すべてスマホで完結しました。アプリを通じて申し込みます。郵送は必要ありません。7営業日ほどで口座開設が完了しました。

新生銀行の口座開設はスマホで完了。書類の郵送は必要ない時代

銀行情報を登録していない場合は、小切手が送られてきてしまいます。小切手の換金は面倒です。銀行口座は早めに作っておいたほうがよいでしょう。

もし間に合わない場合は、一時的にロイヤリティの支払を停止することもできます。

収益振込までのスケジュール

Kindleの収益は月末締めで、翌月の15日に確定しレポートが出ます。翌々月末に振り込まれます。

私の場合は、4月から販売開始。4月分は4月末締めで5/15に確定し、6/29に振り込まれました。

振込の場合、最低支払い金額の制限はありません。1冊でも売れれば、翌々月末に支払いが行われます

お支払いサイクル

▼▼▼▼

KDPの収益支払いについては、情報が不十分です。私もKDPに質問してみたのですが、リフティングチャージは銀行側の話ということで、はっきり答えてくれませんでした。

シティバンク銀行でも、リフティングチャージ無しで受け取りが可能という情報がありますが、利用状況によって口座手数料が発生します。

他の銀行でも手数料は発生しないという情報もあります。

他の銀行でチャンレンジしてみても良いですが、新生銀行は口座無料ですし、他行への振込手数料が月一回は無料です。作っておいて損はないと思います。

PCからも申しこみが可能です → 新生銀行

今日のわかった

KDPによる初めての入金。嬉しかったです。

他銀行振込の手数料の情報をお待ちしています!

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です