iPhone5sでおサイフケータイに近いことを実現する方法

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

DSC_5866

docomoガラケーからiPhone5sに機種変更しました。一番残念だったことは、おサイフケータイが使えなくなってしまったことです。

ドコモのおサイフケータイで使っていたDCMX miniは、電話料金と合算されて、後払い請求です。 上限が一万円でしたが、コンビニでのちょっとした買い物などがすごい便利でした。

ところがiPhoneはおサイフケータイに対応していないので、一気に不便になってしまいました。なんとか同じような状況を作れないかと色々考えた結果、専用のiPhoneケースを購入して、電子マネーカード背面に入れて利用することにしました。

スポンサーリンク

カード式の電子マネーを専用ケースでiPhoneに組み込む

DSC_5867

背面にカードを差し込める専用ケースを購入しました。

DSC_5865

ケースを外さなくても、親指を入れれば、カードを抜き取ることができます。ソフトバンク製です。

どの電子マネーを使うか?

ドコモのおサイフケータイDCMX miniが最高に便利だった理由は、

  • 電子マネーを導入している店舗であれば、ほぼどこでも利用できた
  • 自分でチャージする必要がない

です。同レベルの利便性を持つ電子マネーは、限られてきます。イオンのWAONや7&iのnanacoは、基本的に自社が運営するスーパーやコンビニでしか利用できないので、選択肢から外れます。私が調べた範囲では、

  • 鉄道系の電子マネー(鉄道を日々利用する方)
  • 楽天Edy(Androidアプリ版)
  • QuickPay(クレカで後払い)

この三つです。日々電車を利用している方は、改札を通過する際にオートチャージできるSuicaなどの電子マネーが良いでしょう。Androidのスマフォを持っている方は楽天Edyをオートチャージで利用できます。それ以外の方はQuickPay。クレカによる後払い方式です。ほとんどのクレジットカードで利用が可能です。

私は楽天カードをメインに利用しています。楽天Edyは付帯しているのですが、ライバル関係のQuickPayは利用できません。しかも、iPhoneはアプリ版が利用できないので、オートチャージができません。楽天カードにEdyがくっついているのに、チャージはコンビニ等の端末で行わないといけないのです。なんじゃそれー!

楽天Edy+iPhoneの救世主

完全に手詰まりかなと思ったところ、一つだけ良い方法がありました。パソリというカードリーダー/ライターを利用すると、自宅のPCで楽天カードからEdyにチャージができるのです。

DSC_3491

自動チャージはできなくても、自宅からいつでもチャージできるのであれば同じくらい便利です。早速パソリを購入しました。

10月中は楽天カードからのチャージで楽天ポイントがつくそうなので、25,000円を一括してチャージしました。(最大50,000までチャージ可能)

ということで、現在はiPhone5sに楽天Edyカードを装着して持ち歩いています。

楽天カード&Edyの詳細はこちら

iPhoneユーザーのご参考になればと思います。

今日のわかった

本当はSuicaが一番便利だと思います。これ一枚で全国のほとんどの電車やバスに乗れて、コンビニで買い物もできる。ただし、ポイントがつきにくいのが弱点。

私はJR東日本管轄外の静岡に住んでいます。記事で紹介したパソリを使えば、Suicaにも自宅でチャージができます。東京方面に行くときは、Suicaを入れていきます。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です