ゴルフバッグのフードが壊れた&修理

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

IMG_0338

ゴルフバッグのフード(カバー)のチャック(ファスナー)が壊れて、閉まらなくなってしまいました。フードが付けられないと、宅急便でゴルフバッグを送れません。

フードの買い替えや修理をしようと調べたのですが、意外とやっかいだったので、メモをしておきます。

スポンサーリンク

フードは売っていない

結論から言うと、ゴルフバッグのフードは、絶対に壊してはいけません。ゴルフバッグのフードは個々のバッグ専用で、基本的に別売されていないからです。

高級ゴルフバッグであれば、まずはメーカーに直接問い合わせてみる。もしくは、購入店に問い合わせてみると良いと思います。

修理を受けてくれるメショップもあります。私は、近所のバッグ等のリペア屋さんに問い合わせてみたところ、8千円からと言われました。結構お値段します。

私のゴルフバッグは1万円くらいで買った安物なので、買い替えてしまったほうがお得でした。

洋裁が出来る人なら自力で直せる

結局、洋裁が得意な親戚にお願いして、直してもらいまいした。ミシンを利用して、ファスナーを全部取り替えてもらいました。ミシンができる方であれば、自力で直せると思います。

IMG_0609
直りました!!

ゴルフ場でカートにバッグを乗せるときに、壊されてしまったようです。

フードはいつも基本外して、バッグのポケットに入れて置くと良いと思います。ゴルフバッグはフードを付けないほうがかっこよく見えますしね。

透明なフードをオーダーメードで作ってくれるところもあるみたいです。こういうところを利用してみても良いかもです。

▼▼▼▼

ゴルフバッグのフードを壊すと面倒なことになりますよ。というお話でした。

今日のわかった

ゴルフバッグのフードは、ないと困るものです。3,000円くらいで、どのゴルフバッグにも付けられる汎用的なフードを作って販売すれば、それなりに売れそうです。

デザイン性を加味すれば、新たな市場をつくれるかもです。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です