胃カメラを上手に飲むコツ

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

以前はバリウム検査を選択していたのですが、ここ3年は胃カメラ検査をしています。外からX線で見るよりも、直に観察したほうが確実だからです。

これまでの胃カメラ検査の経験をまとめました。

スポンサーリンク

全身麻酔で行なう方法もある

若い頃に、たばこの吸い過ぎで喉を痛めてしまい、鼻からカメラを入れて喉を検査してもらったことがあります。

当時の技術が進んでいなかったのか、私が緊張しすぎたのか、検査後にめまいがして失神しそうになりました。

そのときの体験がトラウマになっていて、胃カメラに対して強い恐怖心を持っていました。

そこで、一番最初の胃カメラは、全身麻酔で行いました。寝ている間に、検査は終わってしまいました。精神的なストレスはまったくありません。

ただし、麻酔をする作業と、麻酔から覚めるまでの時間がかかるため、その日は一日休む感じになります。

通りの良い鼻の穴で検査する

2年目は、看護師さんからの強い勧めもあって、鼻と喉の麻酔だけで行いました。前の年の記録が残っていて、左の穴からスムーズに検査できたとのこと。

鼻の穴の形が悪いと、カメラが入っていかなくて、鼻血が出たりします。最悪のケースでは、口からの検査に切り替わることもあります。前年に実績があれば、安心です。

もし、検査する機関を変更する場合は、どちらの鼻の穴の方が良いかを、覚えておきましょう。

検査直前に唾液を飲み込んでおく

カメラが胃の中に入ったあとは、唾液を飲み込まないように言われます。しかし、検査中は唾液がドンドン出てきてしまい、口の中にたまっていきます。顔は上を向いていて、吐き出せないため、喉にたまってむせてしまいます。

検査自体は5分くらいで終了します。先生がやってきて、鼻からカメラを入れる直前に、口の中の唾液を全部飲みこんでおくと、唾液が溜まりにくくなって、楽です。

慣れればバリウムより圧倒的に楽で確実

バリウム検査の場合、石膏の液体のようなものをコップ一杯飲まされて、発泡剤を飲んで、ゲップをしないように、台の上で何度も回転する検査が20分くらいかかります。かなり苦しいです。

検査終了後は下剤を飲んで、バリウムをしっかり排出しないといけません。

局部麻酔の胃カメラの場合は、鼻と喉の麻酔をする時間はかかりますが、雑誌とかを読みながら過ごせますし、検査自体は5分ほどです。全部で1時間くらいでしょうか。検査が終われば、すぐに職場で仕事が可能です。

そして、胃の粘膜を目視で確認できるため、確実です。検査される側もモニターを見れるため、安心です。

▼▼▼▼

鼻の穴の形状などで、全ての人ができるわけではありませんが、ずっとバリウムの方は、胃カメラにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

今日のわかった

胃カメラが問題ないと、もう一年頑張ろうという気になります。

これからも毎年、胃カメラで検査してもらいます。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です