ダイエットすると寒がりになって、風邪をひきやすくなる

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

梅

この冬は、例年以上に寒さが身にしみました。ダイエットの影響だと考えています。

脂肪が減ると寒さを感じると言われているのは、本当なんですね。

スポンサーリンク

例年と調子が違う

2014年9月からダイエットを始めて、12月までに5kgほどダイエットをしました。現在もダイエットした体重を維持しています。

しかし、寒くなり始めた12月頃から、例年より寒さが身にしみるようになりました。寒がりに体質になってしまいました。

よく喉が痛くなりました。なにか変だなと思いつつ、いつもの感じで生活していたら、お正月は元旦から嘔吐して寝込んでしまいました。予防接種をしたのに、インフルエンザになりました。

そしてようやく気が付きました。「痩せると寒がりになって、風邪をひきやすくなる」ということに。短時間で脂肪を落とすと、体が対応できないのかもしれません。

とにかく温かくする

これまでと同じ服装だと、体が冷えてしまいます。ユニクロの「極暖ヒートテック」のような肌着を、上下に着るようになりました。

室内でちょっとでも寒さを感じたら、薄いダウンなどを着込んでます。

マスクもするようになりました。

ジョギング後が一番危ない

ジョギングをした直後が一番危ないです。ジョギング後はすぐにシャワーを浴び、しっかり体を乾かして、温かい服装をします。

特にレースの後はかなり疲れているので、すぐに着替えて厚着をして温かくします。

疲れている時に体が冷えると、ウイルスへの抵抗力が弱まるようです。

静岡マラソン

痩せても病気になっては本末転倒?

ダイエットして体重を落としても、病気になりやすくなってしまっては、本末転倒ではないか? と言われるかもしれません。しかし、そのアドバイスには「余計なお世話」とお答えしたい。

私がダイエットをした理由は、マラソンレースで1秒でもタイムを更新したいからです。マラソン・ジョギングをするのも、健康のためではありません。1秒でも速く走りたいからです。

マラソンレースに出場して、記録に挑みつづけることは、もしかしたら寿命を縮めている行為なのかもしれません。それでも、続けたいと思う理由は「人生を燃焼させたい」から。

恥ずかしながら、年甲斐もなく「マラソンに燃えている」のです。

▼▼▼▼

人生において、サブスリー(フルマラソン3時間以内)を目指せる年齢は、私の場合は45歳くらいまでかなと感じています。

寒さで体の抵抗力が下がっても、服装や生活習慣を工夫すれば、カバーできます。多少リスクをかけてでも、今しかチャレンジできないことに、頑張ってみようと思っています。

後年になって後悔しないために。

今日のわかった

どのみち、あと2-3年の勝負です。自分の体と向き合いながら、自分の限界に挑戦してみたいです。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です