【祝】Coreserver(コアサーバー)でWordPressをまともに利用できるようになった

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

P9251851

最近になって、レンタルサーバーコアサーバーでWordPressの運用を始めました。PHPセーフモードが解除され、快適に利用できるようになったからです。

設定の自由度が広く使いやすい、料金もお値ごろなコアサーバーを活用できることで、サイト運営の幅が広がります。

スポンサーリンク

コアサーバーのPHPセーフモードが解除

Coreserver(コアサーバー)は、ウェブサイトを運営するようになってから、メインで利用してきたレンタルサーバーです。

ドメイン管理のバリュードメインと連携していて、独自ドメインとサーバーを一緒に管理できます。10年近く利用させてもらっています。

これまでは、主にMovabletypeで多くのサイトを運営してきました。

ところが、WordPressを利用するようになり、コアサーバーにWordPressをインストールしたところ、上手く運用できませんでした。

コアサーバーはPHPがセーフモードで動いているため、自動バージョンアップやキャッシュプラグインが上手く動かないのです。

今年の中旬から、コアサーバーのPHPのバージョンアップが行わました。PHP5.3系になったことで、非推奨のセーフモードは解除され、WordPressが快適に動くようになりました。

WARNING: Database error Cannot load from mysql.proc.〜 エラー

WordPressのサイトを丸ごとバックアップしてくれるプラグインBackWPupを利用すると、管理画面で、

WARNING: Database error Cannot load from mysql.proc. The table is probably corrupted for query SHOW PROCEDURE STATUS

というエラーが出ます。

バックアップ自体は行われている様なのですが、なにか気持ちが悪いです。

調べてみると、MySQLデータベースがバージョンアップした際に、古いバージョンのテーブル構造が残っている時にエラーで、mysql_upgradeコマンドを打てば解決するとのこと。

管理者サイドからしかコマンドできないため、コアサーバー運営者に問い合わせて、コマンドしてもらいました。

コアサーバー(CORESERVER)で「WARNING: Database error Cannot load from mysql.proc. The table is probably corrupted for query SHOW PROCEDURE STATUS」エラーへの対応

もし同様な症状が出てる方がいたら、コマンドをしてもらってください。

サポートは意外と厚い

コアサーバーやバリュードメインはマニュアルが少なく、サポートもサバサバしているイメージがあるかもしれません。

しかし、サポートで問い合わせればしっかり対応してくれますし、サーバーごとの負荷状況や障害情報なども随時公開しています。

ドメインとMySQLのデーターベースを無制限に登録できるのも魅力です。料金設定もお手頃。

設定の自由度も広いですし、慣れてしまえば、使いやすいサーバーです。

▼▼▼▼

また運営し始めて間もないので、他に不具合&解決策が出たら、随時更新していきます。Coreserver&でWordPressの運用での情報があれば、ぜひ@kankichiまで教えて下さい!

お勧め!WordPress向けレンタルサーバーガイド

今日のわかった

コアサーバーはディスク容量とアクセス負荷レベルによって、4種類のプランを選べます。当然料金が高いほうがキャパが大きくなります。

当方ではCORE-AとCORE-Bプランを利用しています。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です