cakephpインストール

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

XAMPPのインストールが成功したところで、cakePHP本体をインストールした。

cakePHPのインストールは、本当に簡単。
ファイルをダウンロードして解凍して、Apacheのドキュメントルート(htdoc)に入れるだけ。
たとえば、htdoc/cakephp/ディレクトリを作って、そこに入れる。

レンタルサーバーで利用する場合は、ちょっと小細工が必要のようだ。それでも、数箇所の設定の追加で利用できる。その方法は、また後ほど。

これでローカル開発環境は整った。

参考書を元に、実際にコードを書いて動かしながらの勉強。なかなか楽しい。

しかし、一つ問題が。

私がインストールした。cake_1.1.19.6305だと、bake.phpがうまく動かない。

viewを焼こうとすると、こんなエラーが出る

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in C:\xampp\htdocs\ディレクトリ\cake\scripts\bake.php on line 1099

原因は良く分からず、結局一つ古いバージョンの、cake_1.1.18.5850をインストールしたらOKになった。

しかし、実はこのcake_1.1.18.5850がなかなか見当たらなかった。
cakePHPのサイトからも見当たらず、Google先生を駆使して調べたところ、こちらで発見した。

cakephpの掲示板(英語)でも同様に困っている人が書き込んでいたけど、レスが付いてなかった。
みんなお手上げみたい。

まあ、bake.phpはそんなに利用しないとは思うけど。
上記参考書がbake.phpを利用した説明から始まる。この問題を知っていないと、いきなりくじけるかも。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です