洞性徐脈でC判定 健康診断2016

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

今年も健康診断を受けました。ところが、心電図でC判定「洞性徐脈」という、見慣れない言葉が書かれていました。

洞性徐脈ってなんでしょう?

スポンサーリンク

洞性徐脈とは?

調べて観ると、どうやら脈拍数が少ないと診断されるとのこと。今回の私の安静時の脈拍は「41」と、かなり少ないそうです。

周りの人に聞いてみると、ジョギングをしている人はよくあることだそうです。心肺機能が高まって、一回の心拍で送れる血液の量が増えるため、心拍数が減るのです。

スポーツ心臓

以前にも、「増高T波」でC判定。再検査と問診を受けたことがあります。お医者さんは、「マラソンを趣味にしている方に多いんですよ。問題ないです」と言われれました。いわゆる、「スポーツ心臓」といわれるやつです。

今回も経過観察で良いとのことです。来年もしっかり健康診断を受けたいと思います。

今日のわかった

タイムがサブスリーに近づいてきました。心肺能力もかなり鍛えられているということなのでしょう。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です