初心者のための、グリーン近くアゴ高いバンカーからの脱出方法

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

IMG_1387

ゴルフ初心者にとって、一番の恐怖はバンカーでしょう。

グリーン周りのアゴの高いバンカーに落ちると、いくら打ってもアゴを越えず……。

グリーン周りのバンカーからの打ち方は、形が決まっています。一度習得してしまえば、オートマティックに自信を持って打てるため、絶対に習得しておきましょう。

まずフェースを開きます。アゴの高さに合わせて13-14時くらいまで開いた状態からグリップします。短めに持った方が振りやすいです。

IMG_1392

オープンスタンスで構えて、フェース面は目標に向けます。ボールは右足の前です。

そして、普通のスイングではやってはいけない「アウトサイド・イン」で斜めに振りぬきます。

砂とボールを打った後は、手首を返しつつ、ナチュラルにフェースが閉じていくように振りぬきます。

IMG_1394

IMG_1393
フェースが開いたままだと、クラブのヘッドが砂に突き刺さってしまいます。ヘッドが砂から抜けないと、砂とボールを一緒に上手く打てません。

カット打ちするのは、斜めに振りぬくことで、砂の中をクラブが通過しやすいからです。刺し身を切るときも、包丁を斜めにしたほうが切りやすいのと同じです。

ボールと周りの砂を、サンドウェッジで斜めにすくいます。スプーンでアイスをすくうような感じです。

思いっきり振りぬきます。フェースが開いているので、思いっきり振っても、ボールは上に上がるので、飛びすぎることはありません。

バンカー練習場でしっかり練習しておきましょう。

今日のわかった

ショートホールでバンカーからボールが出ず、9打でギブアップしたことがあります。せっかく調子が良くても、バンカーですべてが水の泡となってしまいます。

バンカーはしっかり練習しておきましょう。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です