たったブログ一記事で、商業出版できる

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ブロガーが商業出版するケースは多いです。

出版業界の構造上、出版社は本を出版し続けないと回らないため、常に新しい本の書き手を探しています。

ブロガーにはチャンスがあるのです。

スポンサーリンク

ブロガーは優秀な著者になれる

ブログはGoogleで検索できるので、本のテーマに合ったブロガーを探すのは簡単です。

読者が多い人気ブログであれば、ブログの読者が本を買ってくれるため、出版社としても売れ残るリスクが減ります。ブロガーは著者として高いポテンシャルを秘めています。

とはいえ、読者が多いブロガーであれば、全員が商業出版ができるかと言えば、必ずしもそうではありません。

書籍を出版する以上は、明確なメッセージが存在し、今そのブロガーが本を出すべき理由がないと、出版社の責任者がGOを出せないのです。

出版社は営利を求める企業であり、慈善事業ではありません。「この本を出版すべき理由」を、みんなが納得できるよう、ロジカルに説明できないと、組織として動けないのです。

出版すべき理由を作る方法

しかし、明確なメッセージが存在し、今すぐに出版すべき理由を、一発で作る方法があります。

記事をバズらせれば良いのです。

バズった記事の多くには、「明確なメッセージ」「タイミング」が揃っています。バズったという目の前の「事実」は、一番説得力があります。

一記事で一冊の本になるのか? と思うかもしれませんが、記事内の小見出しを書籍の章にして、節を作って、文書を書いていけば、本は書けてしまうのです。

バズったブログ記事のタイトルを参考に、本のタイトルを考えれば、かなりキャッチーなタイトルになるはずです。まったく同じでも良いでしょう。

結局、書籍で一番重要なのはメッセージ。つまりコンセプトです。コンセプトが優秀で、キャッチーな本のタイトルができれば、7割くらいできたようなもの。あとは、コンセプトに沿って文章を書けば出来上がりです。

ブログ一記事で出版した事例

実際にブロガーが一記事で書籍を出版したケースはあります。

和田一郎さんは、「ICHIROYAのブログ」を運営されています。ブログの一記事「僕が19年勤めた会社を辞めた時、後悔した12のこと」がバズって、その記事がきっかけとなって出版されました。

ブロガーOZPAさんも、ブログを開設してから5ヶ月で月間16万PVを達成するために私が行った3つの戦略と2つの心構え の記事がバズって、この記事を元に本を執筆して出版しました。

2011/05/19に記事をポストして、2011/8/30に出版です。たった3ヶ月で出版しています。私は執筆に一年くらいかかってしまいましたが、これくらいのスピード感で本を書いてみたいです。

一般人が商業出版をするためのたった一つの方法

一般人が商業出版を目指すなら、ブログが一番の近道です。

そして、記事をポストする際、その記事を元に書籍をかけるくらい、コンセプチュアルな内容を常に心がけましょう。

記事がバズって、出版社の担当者さんの目に入れば、出版のオファーが来るかもしれませんよ。

とにかく待っていては何も始まりません。まずは自ら発信することです。

今日のわかった

商業出版したいと思ったら、出版した自分をイメージして、まずは行動をおこすことです。

欲しいものは欲しいと、しっかり伝えないと、何も実現しません。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です