ブログ記事を電子書籍へ 新たなブログマネタイズの形

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

AmazonのKindleストア内に「KDPでブログを本にしよう」というページが公開されています。

Kindleダイレクト・パブリッシングが、「ブログ記事を編集して電子書籍を作る」ことを、推進しようという狙いの表れです。

うまく活用すれば、新たなブログマネタイズの形が作れますよ。

スポンサーリンク

なぜブログ×Kindleなのか?

Kindleダイレクト・パブリッシングがブログ記事のKindle本化を推進する理由は、ズバリブログ本が「売れる」からだと推測します。

なぜ売れるかというと、

  • ブログの読者が買ってくれる
  • 質の高いブログ記事を編集して作っている

からです。ブログ記事を編集して出版する方法は、理にかなっています。

ブログの読者が買ってくれる

誰でもKindleストアで電子書籍を出版することができます。電子書籍を作る方法は整備されていて、MSワードが使えるくらいのスキルがあれば、誰でもすぐに作れます。

しかし、Kindleストアに電子書籍を並べることができても、売れるかどうかは別問題です。Kindleストアは本を置いてくれるだけで、積極的に売ってくれるわけではありません。Kindle本は、まずは著者が自力で売るしかないのです。

Kindle本はネット上でしか買えません。よって、プロモーションはネットで行なうしかありません。そこで有効なのが、ブログやソーシャルメディアです。

ブログ記事を編集して電子書籍を作る人は、必ずブログを運営しています。ソーシャルメディアを活用している人も多いでしょう。ブログに読者がいれば、一定数の方が電子書籍を購入してくれます。ソーシャルメディアの口コミも期待できます。

つまり、ブロガーは自力で売れる販路を持っているのです。

読者がいないと売れない

ブログを運営しているといっても、読者がいないと電子書籍は売れません。読者というのは、定期的にブログを読みに来てくれる人です。いくらページビュー数が多くても、多くが検索エンジンからの流入だと、なかなか買ってくれないでしょう。

電子書籍のコンセプトも大切です。電子書籍を読む人は、ネットに精通しています。女性よりは男性が利用者が多いでしょう(皮膚感覚で。ソース調査中)。電子書籍に合うテーマを考えましょう。

売れない電子書籍の末路

出版直後に頑張って売れば、Kindleの新刊ランキングや、ジャンル別のランキングで上位に上がってきます。すると、ランキングで書籍を探しているユーザーの目に止まり、さらに売れるようになります。たくさん売る方法は「売る」しかないのです。

本気で売りたいのであれば、知り合いにAmazonのギフトカードを送付して、買ってもらえば良いでしょう。別に悪いことではありません。商業出版でも、著者が自著を購入しながら書店を回ることは有効な方法です。

出版直後に突き抜けなれないと、もう売れません。順位は沈み、よほどのことがないと、浮上することはありません。Kindle本は電子データなので、商業出版とは異なり、書棚から撤去されることはないので、再びチャンスがやってくる可能性はゼロではありませんが、難しいでしょう。新刊プレミアがあるうちに売ってしまうのが吉です。

ブログを頑張れば、道は拓ける

ブログ記事を電子書籍にする場合、多くの読者がいるブログを運営していることは、電子書籍の販売を強く後押ししてくれます。電子書籍に限らず、商業出版でも、他のビジネスでも大きなアドバンテージになります。

まずはブログから頑張ってみることを、お勧めします。

今日のわかった

2015年にKindleから電子出版した拙著「人気ブログの作り方: 5ヶ月で月45万PVを突破したブログ運営術」が、今月(2017/3)の月替りセールに選ばれています。通算3度目です。

ある程度部数が出ると、Kindle側が積極的にプロモーションしてくれるのです。「KDPでブログを本にしよう」でも紹介していただいてます。

ありがたいことです。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です