ワイン好きを語るなら、オーストリアワインは飲んでおいた方がよい

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

オーストリア産ワインの試飲会に、招待いただきました。オーストリアワインは飲んだことがなかったので、興味津々。

麻布十番の高台にあるオーストリア大使館で行われました。気持ち良い風の中、ワインを堪能させていただきました。

スポンサーリンク

ビンテージワインの強さを堪能

ずらりと並んだ43本のワイン。ほとんどが10年以上熟成したもの。ビンテージワインです。ほとんどが白ワインでした。

さすがに全部は試飲できません。2003年が当たり年だったと聞いたので、順番に飲んでみました。

ワインについて詳しいことは語れないのですが、どのワインもキレキレでした。素晴らしかったです。

白ワインは飲みやすいイメージがありますが、熟成させると、ボディがしっかりします。食事に合わせるなら、これくらいの強さが欲しいです。

同じ銘柄で、年を変えて飲み比べてみました。年度によって風味が全然違いました。全体的に古いワインの方が、熟成期間が長いため、より強いワインのような感じがしました。

とはいえ、古ければ古いほど良いというわけではなさそうです。私には強すぎるなと感じたものもありました。

オーストリアワインの特色

オーストリアでは白ワインの生産が盛んとのこと。今回の試飲会では、43本中35本が白ワインでした。

緯度が高くなると、日照や気温の影響で、赤の品種が作りにくくなるという話を、聞いたことがあります。お隣のドイツも白ワインが盛んです。白ワインを作るのが得意な地域なのでしょう。

しかし、ドイツよりは緯度が低いので、赤ワインもつくられています。今回5本あった赤ワインも素晴らしかったです。

オーストリアワインの購入方法

オーストリアワインは、日本市場にはあまり出回っていません。ネットで購入するのが良いようです。

今回試飲させて頂いたビンテージワインの価格は5,000円前後から。レストランのボトルが、安いワインで4,000円くらいであることを考えれば、非常にコストパフォーマンスが良いです。でも、家庭で飲むには、なかなか手が出にくいです。

5年物くらいなら、値段は半分くらい。2,000円台からあるようです。後日、個人的に2009年物の赤ワインも飲んでみましたが、飲みやすさと強さがバランスしています。お勧めです。

オーストリアワイン専門ショップ「オーストリア ワイン・ドットコム」なら、ワインに合う料理を写真入りで紹介しているため、選びやすいです。家庭でマリアージュですね。

オーストリアワインは、フランスやイタリアといったワイン大国とくらべても、遜色ないと思いました。値段も実力の割にはお手頃です。

ワイン好きの方は、オーストリアワインはぜひ飲んでみることをお勧めします。

オーストリア ワイン・ドットコム

今日のわかった

この度は、イークリック新社長のあびるさんからご招待頂きました。社長就任おめでとうございます。貴重な体験をありがとうございました。

後日飲んだ2009年物のワインは、オマージュ ハイドン ノンヴィンテージ。音楽家ハイドンの没後200年を記念して作られたものとのこと。飲みやすさと強さを兼ね備えた、美味しいワインでした。

誕生日プレゼントということで、あびるさんから頂きました。ありがとうございました。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です