Apacheサーバー構築

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ウェブサーバーを立ち上げるため、Apacheサーバーを構築した。
今回の自宅サーバーの最大の目的だ。

インストールにはyumコマンドを使う。yumはネット上から最新ソフトを拾ってきて一括インストールしてくれる優れもの。アップデートやアンインストールも行える。

インストールのためのコマンド phpも同時にインストール

yum -y install httpd
yum -y install php php-mbstring

設定は、/etc/httpd/conf/httpd.confファイルをviエディタで編集する。
viエディタがかなり曲者でWordなどに慣れている人にはとっつきにくい。viについては別途メモする。

設定は、
を参考に行った。

最初、CTU(ルータ)で80番ポートを開けても、外部サーバーからテストページが見えなかった。
調べた結果、サーバー自身のファイヤーウォール(iptable)が動いていることが原因だった。

一番簡単な対処法は、iptableを止めてしまうことだ。ファイヤーウォール機能はルーターに任せてしまう。

/etc/rc.d/intt.d/iptables stop

iptableの設定をして、80番を開ける方法もあるそうだ。多分そのほうがセキュリティ的に良いのだろう。
将来的には実施したい。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です