たくさん読まれるアメブロの書き方

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

この夏から、こっそりアメブロを更新しています。

Instagramアカウントを盛り上げる手法が、似ている雰囲気を持つアメブロにも応用できるのではないか? と思い、アメブロも始めてみました。

約3ヶ月、ほぼ毎日更新して、1日1,000PV以上を叩き出すブログになりました。その後は更新は滞り、Instagramの投稿を転載することが増えてしまいましたが、Instagramの手法がそのまま応用できる手応えはつかめました。

そして先日、アメブロを運営するサイバーエージェントの中の人が、アメブロ本を出版されました。

たくさん読まれるアメブロの書き方

読んでみると、私が試したこととまったく同じことが多く書かれていました。

幾つかピックアップしてご紹介します。

スポンサーリンク

一ブログ、一テーマ

短期間でブログを成長させたいと思うのなら、ブログのテーマは絞ったほうが良いです。

その理由は、SEOか効きやすいということもありますが、後述するアメブロ特有の機能を有効に使うためです。

同じテーマのブログに読者登録をする

アメブロには「読者登録」という機能があります。お気に入りの読者登録しておくと、新着記事が投稿されると、メールで連絡してくれたり、新着記事をまとめて読むことができます。

読者登録の最大のメリットは、登録した相手のブログに、自分のブログへのリンクを掲載できることです。相手のブログが人気ブログであれば、リンクからの流入が期待できます。

また、読者登録する際、「相手に読者登録したことを伝える」を選択すると、相手に自分のブログの存在を伝えることができるため、お返しに読者登録してくれることもあります。

ただし、読者登録するブログは、同じテーマのブログにすべきです。ノンジャンルで闇雲に登録しても、交流や共感は生まれません。やりすぎるとスパム認定されてしまうかも。

いいねをする

読者登録をしたら、新着記事に「いいね」をしてあげましょう。同じテーマで興味のある記事ばかりなので、苦にならないはずです。

暇な時間にスマホでポチポチしましょう。

タグをつける

記事には必ずタグをつけましょう。アメブロ内で興味のあるジャンルの記事を探している人は、タグを検索します。ブログ記事の内容を端的に示すタグをツメましょう。

写真を入れる

記事のトップに必ずキャッチ写真を入れました。文章だけだと、読みにくいです。

▼▼▼▼

実はこれらの手法、冒頭で述べた通り、Instagramで試みたこととほぼ同じです。

オジサンがInstagramで夢をかなえた方法

SEOは大切ですが、アメブロはSEOを頑張るよりも、まずは上記のアメブロの機能を使って読者を増やしたほうが効率的だと考えています。

なぜなら、アメブロ内にはすでの多くの読者がいるからです。すでに魚がたくさんいる池で釣りをするようなものです。まずは目の前の魚をガンガン釣れば良いと思います。

本書でも詳しい説明がありますが、Googleは結局、「人が良いと思う記事を検索上位に表示する」傾向が強いです。

SEOはあまり気にせず、人々を惹きつけるブログを目指すことをお勧めします。

今日のわかった

本書のコラム2「ブログ記事のユーザー評価テストをやってみた」では、ブログの幾つかの特徴と、ユーザーの評価を照らし合わせた結果が掲載されています。

前述したように「人が良いと思う記事が検索上位に上がる」はもちろん、例えば「画像が多いほど人の評価が高まる傾向にある」など、興味深い分析結果が紹介されています。

知りたい方はぜひ本書を読んでみてください。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です