オンデマンド印刷で、電子書籍の収益を最大化する方法

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

AmazonではKindle本を紙の書籍にして販売する仕組みがあります。Amazonが2015年から開始したサービスPOD(プリントオンデマンド)です。

先日頂いた和田さんの電子書籍の紙書籍版を、PODで購入してみました。

使い方を間違えなければ、電子書籍の収益を最大化できる可能性がありそうです。

スポンサーリンク

電子書籍と紙書籍のいいとこ取り

出来栄えは普通の書籍とほとんど変わりません。注文を受けてから1冊づつ印刷、製本するため、出版社は在庫を抱えるリスクがありません。

読者家には「紙の書籍でないと」という人は、かなり多いです。多くの人に本を読んでもらうという目的にはマッチしたサービスだと思います。

中古本リスク

しかし、一つだけ気になることがあります。紙の書籍が出回るということは、中古本が流通するということです。中古本が出回ってしまうと、著者には一銭もお金が入ってきません。

電子書籍には中古本という概念がないので、売れ続ける限り、お金は入ってきます。だから値段を下げても、やっていけるのです。

電子書籍×オンデマンド出版は、うまく利用しないと、著者に対する電子書籍の利点を潰してしまう可能性があるのです。

高額設定でファン向けに

今回購入したオンデマンド本は、電子書籍版の価格の2倍に設定されていました。この価格差があれば、紙派の人でも、電子版を購入するでしょう。

オンデマンド版を購入するケースは、おそらく「電子版を読んで気に入って、紙書籍でも手元に置いておきたい」場合かと思います。そもそも数が少ない上に、中古本として出回る可能性は低いです。

オンデマンド出版は在庫リスクありませんので、もっと値段を上げても良いかもしれません。買う人は多少高くても買ってくれます。

低価格で電子書籍を多くの人に読んでもらい、一定割合のファンの方にオンデマンド版の紙書籍も買ってもらう。フリーミアムに似た仕組みで、収益を最大化する方法が、出版業界で広まっていくかもしれません。

【参考】拙著「本好きのためのAmazonKindle読書術」が紙でお求め頂けるようになりました

今日のわかった

POD(プリントオンデマンド)は、現在は、出版社を通さないと利用できません。

拙著「人気ブログの作り方: 5ヶ月で月45万PVを突破したブログ運営術」を、どこかPDO出版してくれないかなあ。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です