法人成り時の記帳 -青色申告完了-

昨年度の青色申告が完了しました。

例年のとおりに、青色申告会で記帳相談。もう5年目ですので、特に問題もなく、即申告書類作成に入って、3時間ほどで書類が完成。

あとは青色申告会が税務署に提出してくれます。

昨年に法人化したため、個人としては最後の青色申告となりました。

個人⇒法人成りの記帳切り替えの方法

複式簿記だと、売掛金や未払金が残ってしまいます。それはそのままで良いそうです。

帳簿は発生主義であるため、回収しようがしまいが、売上が発生した時点で納税の義務が発生し、未払金は発生した時点で費用に計上できるからです。

青色申告会は継続

今回で青色申告会は脱会かなと思っていたら、青色申告会の職員さんに営業をかけられました。

「源泉徴収は、税理士さんにやってもらうより、ウチでやった方が安いよ」

いわゆる年末調整のことです。税理士さんにお願いすると、一人数万円かかります。

青色申告会なら、源泉徴収は記帳相談ではないため、年会費5千円でタダで相談に乗ってくれます。

これまでの長いお付き合いもありますし、私が住んでいる青色申告会は財政難で大変そうなのです。

この日もコピー機がぶっ壊れて、職員さんがブチ切れてますし……w
これまでもパソコンが動かないとか、ソフトがインストールできないとか、色々相談を受けてきました。

結局、継続して加入する(させられる)ことにしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました