WordCampTokyo2013で話したこと。話せなかったこと #wctokyo

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

IMG_5623

2013.9.14に開催されたWordCampTokyo2013に参加してきました。

今回は最後の「運用セッション」でパネラーをするという大役があったので、落ち着いて聞いたり回ったりということはできなかったのですが、楽しい時間を過ごす事ができました。

運用セッションでは色々伝えたいことがたくさんありました。たくさん話をさせてもらいました。本当にありがたい時間でした。運営スタッフの皆さん、そして、名モデレーター森川さん、同じパネラーの一戸さん深海さんには本当に感謝しています。

そして、話の流れや時間の都合もあって、すべてを話し切ることはできませんでした。その辺も含めて、これだけは話したかったということを、書き残しておこうと思います。

スポンサーリンク

WordPressの最強の保守は「バックアップ」

WordPressは個人ブロガーでも制作の方でも、自分でWordPressを保守しないといけません。しかし、新しいプラグインを入れたら調子が悪くなってしまったということは良くあります。バックアップは絶対に行いましょう。

私はBackWPupというプラグインで、ブログ全体をバックアップしてあります。7日一週間分を履歴として残して、週に1回のバックアップも平行して走らせています。こちらは4週間分を履歴として残しているので、一ヶ月分のバックアップを網羅してあります。バックアップ先はDropBoxです。

私もWordPressがエラーを吐くようになってしまって困っていたところ、バックアップファイルでダウングレードをしたら直ったという経験があります。バックアップは本当に重要です。

個人ブログのためだけに、WordPressに取り組むのはもったいない

個人ブログをWordPressで運営して、結果的にブログから収入を得たいと思っている人は多いと思います。実は、月1万円以上の広告収入を得られる人って、全体の10%もいないという調査結果があります。

チャレンジしなければ何事も達成できません。チャレンジすることは大切なので、ぜひ挑戦はして欲しいです。そして、それなりにハードルの高いチャレンジであることは覚えておいてください。

よって、WordPressを個人ブログのために取り組むのは、ちょっともったいない気がしています。個人ブログを運営しつつ、得た知識や技術を利用して、近所の商店や中小企業さんのウェブサイトを作って上げるだけで、まとまった収益を上げることができます。そういった方向も視野に入れながら、WordPressに取り組んでほしいです。

DSC_3318

ウェブ制作の方こそ、ブログを更新してほしい

クライアントワークは、極論を言うと「自分の時間の切り売り」だと思うのです。月額の保守費用を貰って収益を安定化することもできますが、それでもトラブルが発生したときはすぐに対応しないといけません。かなり大変な業務だと思います。

業務をやりっ放しではなく、得た知識や技術的チャレンジの内容を、クライアントさんに迷惑のかからない範囲で、ブログで紹介することにより、自分の業績を目に見える形でストックして、自分の信用につなげていくことが有効だと思っています。

ネット上では専門的な情報は重宝されます。おそらくウェブ制作の方のブログは、普通の一般ブロガーよりもニーズが高いので、多くの読者を集めやすいはずです。多くの人に読んでもらえれば、広告収入にもつながりますし、より良い仕事の話も入りやすくなり、自分の収益を安定化することができるでしょう。

WordPressもPHPもMysqlもオープンソースです。オープンソースを使って商売する上で、技術を自分だけに囲うのは、ちょっとケチくさい感じです。自分が隠しても、必ず誰かが同じことを考えます。他の人に先に公開されてしまったら、自分には何も残りません。

自分から積極的に公開して、自分に信用を蓄積していくことが、オープンソース界隈での健全な振る舞い方なのだと思います。

WordPressは無料ではない

WordPressは誰でも無料でインストールできます。しかし、それなりに手間がかかることを考えると、決して無料ではないです。

それでも、自分の知識や技術を高めていくことで、手間は少なくなっていって、結果的に自分が取れる利幅が大きくなっていくのです。

WordPressを利用してやろう、ではなくて、WordPressと共に成長していく姿勢でないと、運用もマネタイズも上手く回らないのかなと思います。

WordCampなどイベントに参加したりして、新しい技術を勉強したり、WordPressユーザーを増やしていくことは大切なことだと思います。

WordPressは魔法のツール

WordCampは個人ブロガーが多く参加するイベントかと思っていたら、実はWordPressを利用してお客さんのサイトを制作する仕事をしている人が大半のイベントであることがわかり、当初はちょっと戸惑いました。

でも、私もクライアントワークは受けていますし、同じWordPressを利用しているのだから、話は同じだと気がついたとき、WordPressの奥深さを感じる事ができました。セッションの事前リハでも、パネラーのみなさんと盛り上がることができて、当日も笑顔でリラックスして臨むことができました。

スタッフも皆さん楽しそうに動いていました。学生時代の文化祭のような雰囲気ですね。久々にワクワクしました。

WordPressは無料です。その分利幅が多く取れるので、ウェブ業界の人にとってはまさに魔法のツールです。これからもWordPressと共に歩んでいきたいです。

運営スタッフと参加者のみなさんに感謝します。お疲れさまでした!

▼▼▼▼

しゅうまいさんが女性と知って、びっくりしました。

今日のわかった

WordPress系のイベントは、東京だけでなく、地方でも積極的に行われています。興味がある方はぜひ参加してみることをお勧めします。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です