清水港みなみの本マグロ丼が絶品すぎてビビった

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

IMG_6645

静岡駅南口からすぐ。店員おばちゃんたちの元気な声が飛び交う活気のある清水港みなみ

海鮮丼のネタの鮮度、味ともに抜群です。県外からお客さんが昼間に来られたら、ランチに案内したいお店です。

この日はこれまで食べれなかった、本マグロ丼にチャレンジしてみました。

スポンサーリンク

幸せのまぐろ丼

本マグロ丼は限定品で、一日10食くらいだそうです。まったく無い日もあるそうです。開店と同時にお店に入って、注文しました。

IMG_6642

待つ事5分くらい。来ました!念願の本マグロ丼!

IMG_6641

中トロ系の切り身と、炙り、すき身。そして卵焼き。ご飯は酢飯です。

IMG_6647

まずは一口中トロ切り身を口に。悶絶するくらい、高レベルなマグロでした。口の中でとろけます。

前回、ミナミマグロの三食丼を食べて美味しいなと思ったのですが、それを上回る感動。これは抜群すぎる。

IMG_6649

IMG_6651

炙りもジューシーです。すき身も脂がのっていました。

この本マグロ丼を1,080円で駅前で食べられることを、静岡市民は感謝したほうが良いと思いました。

毎回本マグロ丼を狙うのはあれなので。みなみの全メニューを制覇したいと思います。

【追記】キングオブマグロ丼「本鮪大トロ丼」が登場

キングオブマグロ丼と言っても過言ではない、「本鮪大トロ丼」が登場していました。本マグロでも大トロだけのマグロ丼です。

じゃん!来ました!どうですか、この迫力!

脂がしみ出していて、マグロがキラキラ光っています。

大トロの切り身は、トロトロでした。静岡市民で良かった……。

もう一方は炙りです。生で食べられる大トロをあえて炙りにする理由。それは、メチャクチャ美味しいからです。贅沢な食べ方です。風味が抜群です。

大トロはかなり濃厚なので、途中でお味噌汁やガリをいただきましょう。口の中がリセットされて、マグロに挑めます。

無心で食べ続けて、あっという間に食べ終わってしまいました。至福な時間が終わってしまいました。

お値段は1,380円と清水港みなみ最高価格になっています。東京で食べたら2倍以上しそうな内容です。また食べに来よう!

【追記】実は夜の部も素晴らしい

清水港みなみは、夜は居酒屋を営業しています。新鮮な魚をつまみにビールや地酒を楽しむことができます。海鮮丼はありません。

ビールで乾杯! ジョッキの内側に気泡がないです。しっかり管理されている証拠です。

中トロ三味盛り。幸せを感じます。

日替わり4点盛り。魚が新鮮です。

マグロの漬け刺し。コスパ高いです。温かいごはんの上にのせて食べても美味しそう。

あん肝も新鮮です。

などなど、夜の部も奥が深いですよ。

今日のわかった

夜もお店を開いているらしいです。メニューを見たらかなりリーズナブル。夜の部もお邪魔してみたいです。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です