新幹線の自由席に座るコツなど、新幹線ハックまとめ

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

P1050521.JPG

新幹線の自由席は、混んでいると座れない場合があります。自由席に座れる可能性を高める方法など、新幹線に関する知っておくと得する情報をまとめました。


九州新幹線 / norio.nakayama

スポンサーリンク

自由席に並ぶなら偶数番号車両×ドアはホームの真ん中より遠い側

新幹線は車両によって座席の数が違うことをご存知でしょうか?奇数番号の車両にはトイレがあるため、30席ほど少ないのです。一号車は運転席とノーズがある分、さらに少なくなります。

よって、駅で自由席車両に並ぶときは、偶数番号の車両に並んだほうが、座れる確率が高くなります。

新幹線ホームの改札口・乗換え口へ向かう階段は、基本的にホームの真ん中にあることが多いため、降りる人は、真ん中に近い側のドアから出ようとします。全員が降りてくれないと入れないため、ホームの真ん中より遠い側へ並んだほうが、早く車内に入って座れる確率が高くなります。

実は真ん中の座席(B席)は幅が広い

あまり知られていませんが、3列シートの真ん中の席(B席)は、他の座席よりも幅が広くできています。なんとなく窮屈で、損をした気分になるB席ですが、そんなことはありません。混んでいるときは、席を選んでいる余裕はありません。B席でも、空いている席に迷わず座ってしまうことをお勧めします。


新幹線ひかり / 柏翰 / ポーハン / POHAN

指定席に座ってしまうという手もある

自由席が空いて居ない場合は、指定席車両に移動して空いている席に座ってしまうという手があります。車掌さんに、その場で指定席代を払えば座れます。もちろん、指定券を持っている人が現れたら、他の空席へ移動します。

のぞみなら、新横浜を出ると次は名古屋です。最低でも一時間半は新たに乗ってくる人はいませんので、安心して座って寝ることができます。

【注意】

この方法は車掌さんが独自の判断で行っている処置で、原則として禁止との情報を頂きました。盆や暮れなどの繁忙期などは絶対に行わないことと、停車時は一度席を立って、指定席を予約している方が入ってきた時に迷惑がかからないようにマナーの徹底をお願いします。

指定席予約は希望を告げられる

指定席を窓口で予約するときは、希望を伝えると可能な限り対応してくれます。喫煙/禁煙席の指定はもちろんのこと、窓際と通路側などの座席の位置を指定できます。スーツケースなどの大きな荷物を持っているときは、車両の一番後ろの座席を希望すれば、座席のすぐ後ろのスペースに荷物をおけるので、防犯的に良いです。


東海道新幹線N700系 / noriqnub

「のぞみ」より「ひかり」のほうが速い場合もある

東京駅毎時33分発の「ひかり」は、後発の「のぞみ」に名古屋まで追い抜かれません。岐阜羽島で追い抜かれますが、京都まで4分、新大阪までも6分程度しか違いません。スケジュールを立てるときに覚えておくと便利です。

片道601km以上の往復は割引が効く

JR各線で片道601km以上の往復乗車券を購入すると、帰りの金額が2割引になります(つまり全旅費の一割引)行き先が590kmだったら、ちょっと先までの乗車券を購入したほうが、安くなる場合があります。新幹線を利用すると、必然的に距離が長くなりますので、意識しておくと良いでしょう。ちなみに東京-新大阪間は580kmくらいで、往復割引は効きません。


Shinkansen N700 / kubotake

「ぷらっとこだま」が安い

東海道新幹線のこだま限定の激安プランがあります。JR東海ツアーズが売り出している「ぷらっとこだま」です。指定席+ワンドリンクがついています。東京-静岡だと6,180円が4,500円、東京-新大阪間だと13,750円が10,000円に割引されます。駅構内の売店でドリンクと交換できます。なんと、ビールもOKです。

すべての時間のこだまを利用できるわけではありません。時間に余裕があるときは、利用してみてはいかがでしょうか?

以上、新幹線の自由席に座るコツなど、新幹線ハックをまとめてみました。

今日のわかった

今週末は初めてウチの子供たちを新幹線に乗せます。おとなしくしていてくれるかどうか不安…。でも、楽しみです♪

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です