富士山日帰り登山(秋)のすすめ

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

暑かった2007.9月。
富士山に日帰りで登ってきました。

※先日登った八ヶ岳が見えた♪

富士山といえば、7-8月に登るのが定番です。
下界と頂上の温度差は20℃近くあるため、夏でないと登れないためです。

しかし、その時期は多くの登山客が殺到します。
夜の山小屋は、半身でないと寝れず、寝返りもうてない状態です。

そこまでして登る価値のある山なのか?
私は、そうは思いませんでした。

富士山の魅力って、「日本で一番高い」が一番大きいと思います。
しかし、景色は単調です。登山道も整備されすぎて、刺激に欠けます。

南アルプスや北アルプスのスケールの大きさや、壮観な景色と比較すると、どうしても見劣りしてしまいます。

しかし、一度くらいは日本最高峰を制しておきたいところです。
そこで出た結論が、「秋の日帰り登山」でした。

日帰りなら、山小屋の泊まる必要もありません。
高山病にかかっても、一日ならなんとか頑張れます。(私は高山病に弱いので)
良い天気を狙って日程を調整できます。

秋なので、登山者の数もまばらです。

須走口からならば、ご来光も拝めます。

+++

良いこと尽くめの日帰り登山(秋)です。
しかし、気をつけなければならないこともあります。

・体力が必要
一日で2000m近くの高度差を往復しますので、それなりの体力は必要です。

・高山病
一気に高度を上げるので、高山病になりやすいです。

・防寒
下界との温度差は20℃近くあります。
ちょっと寒くなれば、あっという間に氷点下です。雨具やフリースなどの防寒装備は完璧に。

実際の登山の様子は、次回から紹介します。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です