夏の法人手続き

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

昨年末に法人を立ち上げました。毎年7月は色々な書類を提出しなくてはなりません。

来年以降のためにメモっておきます。

スポンサーリンク

源泉徴収

ウチは半年一括支払いを選択しているため、7月と1月に支払いが来ます。

これまで天引きしていた所得税を合算して、所定の用紙で銀行から振り込みました。

健康保険の被保険者標準報酬月額算定基礎届

3枚ありました。よく分からなかったので、税理士事務所に丸投げしました。

それと、今回は調査対象事業所に選ばれてしまったため、賃金台帳と出勤簿の添付を求められました。

賃金台帳は、所得税源泉徴収簿(年末に提出)に前月度まで賃金支払い状況を記入して代用しました。出勤簿は、役員のみの会社のため作成していない旨を一筆書いて、提出しました。

健康保険被扶養者状況リスト

全国保険協会から書類が送られてきました。特に変更がなかったため、(1)被扶養者の確認方法に(税)チェックして提出しました。

予定納税の通知書

昨年まで個人事業主としてやってきた分の予定納税の通知書が来てしまいました。今年からは私は法人を通じて、所得税を源泉徴収されているため、予定納税をする義務はありません。

解除するには、税務署に減税申請をしなくてはならないそうです。廃業届けと支払い停止申請書を提出しているのに、なんでこんな面倒な手続きをしなくてはいけないのだろう??

税務署に出向いて、窓口相談という形でその場で書類と作成してもらいました。

今日のわかった

住所と名前の入った「ゴム印」がメチャクチャ便利です。書類作成の手間が省けます。楽天で探せば1000円くらいで作れるので、個人事業や法人を経営している方は作っておくことをお奨めします。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です