私が書きたいレビュー 重要な3つのパーツ

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

以前に「私の書きたいレビュー」を考えた事がある。

私が書きたいレビュー
私が書きたいレビュー(続き)

あれから半年がたち、レビューもいくつか上げてきた。

そのなかで、「これが自分のスタイルだな」というものが、まとまってきたので、メモしておきたいと思う。

「私が書きたいレビュー = 私が読んで面白いと思うレビュー」には、いくつか必要なパーツがあることに気がついた。下に記す。

これらのパーツが不足すると、読み足りないレビューになってしまうのだ。

+++

パーツ1.レビュー対象の「歴史」

何物でも、歴史を持っている。
「どんな経緯で作られたのか」みたいなことだ。事実をしっかり調べなくてはいけない。

レビュー内容の信用度が上がり、内容に厚みが増す。

パーツ2.自分の知識と経験

こんどは逆に、「自分側の歴史」だ。
レビュー対象に関係したこれまでの人生で得た経験や知識を、レビュー対象と対比させる。

レビュー対象が、これからの人生をどう変えてくれるのか?を考えるのである。
これは、レビューの本質的な定義と言い換えても良いかもしれない。

パーツ3.率直な感想、感覚

レビュー対象に出会ったときの、素の感想。
「美味しい!」「すばらしい!」など何でも良い。下手な文学的な文章より、いつも考えているようなシンプルな言葉で良いと思う。心からの叫びは、文章に必ず乗り移る!

+++

時系列の文章は書かない

それともう一点、文章の構成について。
最近私は、レビューを時系列で書かないようにしている。主張、テーマを明確にして、それを軸に文章を組み立てるようにする。

時系列に記事を並べると、記録文のようになってしまい、面白くないのだ。
面白い文章は、事実の向こうにある、書き手の主張や意見がメインとなっている。

私もまだまだ実力が足りないので、今後も修正すべきところは増えてくるだろう。
気がついた時点で、再度まとめてみたいと思う。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です