サントリー ビール工場見学(1)

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

MONO-PORTAL」さん主催の、第二回体験&撮影ツアー<<ビール工場編>>に参加してきました。

サントリーは、「ザ・プレミアム・モルツ」が、二年連続してモンドセレクションで最高金賞を獲得し、ノリノリです。

これは行かねば(飲まねば!)と思い、東京のサントリー武蔵野工場まで行ってきました。

   

ビールの製造工程を順番に見て行きました。

製麦⇒仕込み⇒発酵⇒貯酒(熟成)⇒ろ過⇒瓶詰め

ビールの内容量の92%は水です。
サントリーさんは水に特にこだわっいて、武蔵野工場も、他丹沢水系の良質な天然水を利用してビールを造っているそうです。

私が特に注目したのは、「ろ過」行程ですね。

ただの紙のように見えますが、ミクロンフィルターを利用する事で、酵母などの微生物を加熱せずに除去できるそうです。

これでいわゆる「生ビール」が生まれるんですね。

見た目の地味さより、かなり重要な行程だと思います。

 

通常の見学は終了し、続けて今回の見学の目玉である、「ミニブルワリー」の見学です。

「ミニブルワリー」とは、いわゆる実験用の生産設備で、本製造用の装置の1/20の大きさだそうです。
この場所から、「ザ・プレミアム・モルツ」が生まれました。

ザ・プレミアム・モルツ」のこだわりである、「麦芽1.2倍、アロマホップ2倍(※下の写真は10缶分の麦芽とホップ)」

 

ダブルデコクション製法、アロマホッピング製法といったこだわり製法について学びました。
全ての原料を同じように処理するのではなく、一部分を違った条件、タイミングで処理することで、味に複雑さを与える方法です。

現場では色々創意工夫して、味を高めているというその熱意が伝わってきた見学でした。

そして次は、お楽しみの試飲タイム!
待ってました?。

けど今回はここまで。次につづきます。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です