地酒(日本酒)の選び方

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

全国どこに行っても、その土地ごとの地酒は存在します。
詳しい知人に聞いたら、基本ルールさえ外さなければ、何を飲んでも美味しいそうです。

ではそのルールとは?

ずばり「純米酒」若しくは、「純米」という文字が含まれているお酒を飲むこと。

私もこのルールは完璧だと実感しました。

吟醸(酒)とか、大吟醸(酒)は聞くとなんとなく美味しそうですが、絶対に飲んではいけません。

純米吟醸(酒)、純米大吟醸(酒)というように、「純米」のつくお酒を選んでください。

日本酒はワインと同じく醸造酒で、お米から作られるはずです。しかし、「純米」の表記がない日本酒には、工業的に醸造したアルコールが添加されているのです。市販の日本酒の大部分を占めています。

お米のみ100%から作られたお酒は、「純米(酒)」として区別されているのです。

純米でないお酒は舌がピリピリして、はっきり言って、全く美味しくありません。

「本醸造」とか「生しぼり」とか色々な種類があります。
ごまかされないようにしましょう。

繰り返しになりますが、飲むべきは「純米酒」「純米吟醸酒」「純米大吟醸酒」です。

ただの「大吟醸酒」とかは、「純米酒」とは全く違う種類のお酒と考えた方が良いと、私は思います。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です