レーシック検査を受けてみた

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

神戸クリニックが「無料 レーシック適性検査」をやっていたので、受けてみました。

検査は、「角膜の厚みを測る」というものでした。
短時間だけ効く麻酔を、目薬として点眼したあと、専用のプローブを角膜に当てて測りました。一瞬でした。

実は私は、ものすごく目が悪いんです。
しかもソフトコンタクトレンズを入れられないほどに乱視も強い。

もしレーシックをが可能で、視力が回復するのなら、チャレンジしてみたいなと思っていたのです。

さて、検査の結果は?

うーん。
予想通り、私の場合は、レーシックは不可能だという結果でした。

レーシックの原理は、角膜を削って度を調整するというものらしいです。視力が悪いほど、たくさん削る必要があります。

私の角膜は、平均以上の厚みがあるけれど、私の視力を回復させるには不十分だということでした。
他の術式もあるとの事なので、もう少し研究してみます。

レーシックってなに? 神戸クリニック

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です