企業の使命を考える

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

年が明けて、なかなかペースが上がりません。完全に正月ボケです。

ここは一つ、「企業の使命」について考えてみたいなと思います。

ところが、ふと新聞を開いたら、いきなり答えを見つけてしまいました。

2009/12/30の日経新聞「ドラッカーと経営」という特集によれば、

企業の目的の定義は一つしなかい。それは顧客の創造である

うんうん!確かにこれは正しいですね。

この記事に触発されて、昔聞いた松下幸之助さんの言葉を思い出しました。

お客さんが必要なものを作るだけではなく、お客さんが『喜ぶ』ものを作る

同じことを意味していませんか?この二つの言葉。

そういえば、昔テレビでダウンタウンの松ちゃんが、自分の昔を振り返る番組(確かNHKだったような…)で言っていました。

仕事をする上で大事なことは、「サービス精神」だ

上記二つの言葉と、本質的なところでつながっていると思います。

第一線で活躍する方はみんな、仕事に対する「哲学」のようなものを持っているようです。

ジャンルは違っても、本質的には同じところに収束するのでしょうね。

私の場合は、この方々のような哲学を、実感できるところまでは成長できていないです。

私と経営する会社が、活動するレイヤーをどんどん上げていけるように、彼らの言葉を胸に刻んでいきたいと思います。

今日のわかった

原理原則はシンプルな方が良いですね。すぐに思い出せて、迷ったときの行動指針になります。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です