ゴルフは感覚

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

11月中旬以降に第二回目のラウンドを予定していたところ、急きょ今週末に日程が変更になってしまいました。

先月は色々と忙しくて、一度も練習に行けなかったのです。

慌てて、練習場に足を運んでいます。

スポンサーリンク

アイアンがモノになってきた?

ちょっと時間が空いたせいか、いい感じでスイングがリセットされていました。

知人から聞いたヒントから、「両ひじを最初から最後までお腹から離さず、擦るようにスイング」を意識して、コンパクトなスイングをしてみると、玉が上手くフェースに捕まることが判明したのです。

ハンドファーストにすると、さらに「ボールの捕まえ感」が増して、アイアン先っぽまで体の一部みたいな感覚が生まれました。

ああ、こういうことなんだなと思いました。

「頭は動かさない」とか「トップで手の甲は正面」など、チェックポイントはたくさんありますが、制約が多すぎると、クラブと体の一体感が無くなって、別々なものになってしまいます。

今回はたまたま気持ちよく振れるスイングが発見できて、ラッキーでした。

7Wもいい感じ?

先日購入した7Wも打ってみたところ、これも結構いい感じでした。

セットアップはアイアンと同じ。ハンドファーストは控えめにして、アイアンと同じ感覚で打つと良いみたいです。ぶっちゃけドライバーより飛ぶかも。

左ひじはまっすぐ固定し、右ひじを引いておくと、体の向きがスクエアになって、バックスイングの始動がスムーズに行くことも体感しました。

問題はドライバー

ドライバーはメチャクチャです。まっすぐ飛ぶと超低空飛行で、高く飛ぶと、大スライス&右プッシュorz

7Wのように、アイアンと同じ感覚で打ってみると、ちょっとマシになります。

良く考えてみると、ドライバーだけスイングを変える必要は無いのでは?

明日も練習場に行って、アイアンの感覚のまま、ドライバーを打つ練習をしてみたいと思います。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です