レビューコンテストで入賞するコツ教えます

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

先日のリンクシェア主催「記事コンテスト」で、上新電機賞を頂いた。

商品はなんとデジカメ。ラッキー!


この商品はみんなが狙っていて激戦だったのでマジ嬉しい♪

昨年同社が開催した、ベストレビューアーコンテストでも、準レビュアー賞と特別賞を頂いた。

私は文章が得意ではない。いつも自分の文書の下手さに悩んでいるくらいで、日々研究している。

そんな私でも、幾つかのポイントは一応意識している。
私が考える、ブログのコンテストで入賞するコツを「おまとめ」しておく。

スポンサーリンク

アフィリエイトで売ろうとしない

ストーリーに沿った自然な形で、さりげなくアフィリエイトリンクに誘導する。アフィリエイトリンクに無理に誘導はしない。
問題に対するソリューションとしてアフィリエイト商品を紹介できれば文句なし。

実体験と結びつける

商品情報やショップ情報をまとめただけでは、オリジナル性に欠け、面白い記事にならない。
自分の体験や知識と掛け合わせたストーリーを考える。

しっかりとした文を書く

文法的に正しい文章を心がける。
いくら面白い記事であっても、文章に難があると読み手はストレスを感じ読んでくれない。逆にちょっと内容が薄くても、しっかりした文書ならば、読めてしまうことが多い。

画像や動画を入れる

文章だけのページよりとっつきやすい。人にとってPC画面で文書を読む行為は、意外とキツイのだ。
見た目にも映えるし、ビジュアルで説明したほうがわかりやすい場合が多い。


こうして関連した画像を入れておくだけでも、だいぶ違う

コンテストを開催する側の立場に立って考える

収益が多く上げていても、キーワードをばら撒いた明らかにSEO狙いとわかるコンテンツや、とりあえずページ数を増やすために取り繕ったようなアフィアフィ(アサマシ)コンテンツは、絶対に入賞させないだろう。

なぜなら、そのような価値の低いページは、将来的に検索エンジンから駆逐されるからだ。

企業側としても、危なっかしいSEOコンテンツに収益の多くを託すよりも、地道でも質の高いコンテンツをたくさん集めたほうが、長い目で見ればリスクヘッジとなると考えているはず。

企業側の意向に沿ったコンテンツを意識すると、入賞の可能性が高まるだろう。

●通常のブログ更新にも当てはまる
今回まとめたことは、コンテストに限らず、つね日ごろから意識すべきだと思う。

SEO狙いで記事を書いたほうが、手っ取り早くアフィ収益につながることもあるかもしれない。

でもそれは、ドーピングのようなもので、一過性のものにすぎない。常にドーピングをしないといけなくなるだろう。

今日のわかった

  • ブログはフローではなく、ストック性を意識する
  • 下手な鉄砲はブログ全体の価値を下げる
  • 平易で読みやすい文章を書く能力は、どこへ行っても役立つ
  • 私はレビューブロガーではなく、おまとめブロガー(自称)目指し中w
  • この手のコンテストのレベルが上がってきた。次は絶対に無理orz
関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です