マラソンを速く走る方法:Nike+で考える 

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

2月からNike+ ipod nanoと Air zoom moireでマラソンを始めました。

実は4/8の焼津みなとマラソン(5km)にエントリーをしてしまいました。
これから一ヶ月間、タイムをなるべく上げられるよう頑張ります。

Nike+を利用すると、過去の最高タイムのRUNと、その他のRUNの履歴を比較することができます。

上の画像は、

A)はじめの4kmはマイペースで走って、最後の1kmは全力で走った(26:30)
B)はじめからオーバーペース気味で5kmを走った(23:44)

を比較したものです。

A)の最後の1kmはかなり全力で走りました。しかし、B)のラストとあまり変わりません。
よって、タイムを上げようと思ったら、はじめから全力気味で走るべきだということです。

入りのタイムが良ければ、その後ペースダウンしても、初めのペースに引っ張られてそこそこのタイムが出るのでしょう。逆に入りが遅いと、あとでペースアップしようとしても苦しいだけで思ったよりタイムは出ません。

それと、長距離の成績を決めるものって、呼吸器系の強さだと思っていました。けど違うんですね。
自分の体重を前へ運ぶための筋力が強くなければ、進みません。

まず1kmを全力で走る練習をしてスピードに耐える筋力をつけ、それと平行して1kmのタイムを長距離で保持できるスタミナをつけていくような練習もするのが良いのかもしれません。

将来的にはフルマラソンに出場したいです。焦らず段階的にすすめたいと思います。

※清水エスパルスの長谷川監督ですら、あの体格(最近痩せたみたいだけど)で5kmを20分台で走ってました。サッカーってものすごく走るスポーツなんだなって再認識しました。

関連リンク:
iiPod直販 Apple Store(アップルストア)
楽天 iPod市場

シューズのデザインを自由にカスタマイズ

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です