MTエントリーの投稿日時を23:59:59自動変更にする方法

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

MT(Movabletype)のMTエントリーの投稿日時を、昨日か当日の23:59:59もしくは、現在時刻に自動変更するボタンをつけてみた。

MT(Movabletype)エントリー投稿日時は、記事を書き始めた時間になる。

記事を書き始めてから、時間の経ってしまった記事は、現在の日時に手直ししなければならない。

これは結構面倒だ。

記事の内容によっては、前の日の日付に戻したい場合もあるし、その日の終わりにしたい場合もある。

これらの作業は、MTの簡単な改造によって、自動化できる。

※下記は、MT3.xの場合です。MT4.xの方法はこちら

+++

参考にした記事はこちら

http://www.asari.jp/diary/archives/001296.html

MTをインストールしたフォルダから、/tmpl/cms/edit_entry.tmplを開き、ファイルの上の方(<script>?</script>の中 </script>の直前で良い)に下記の3つの関数をコピー(下記をコピペすればよい)。

同じファイルの下のほうにある
<input name=”created_on_manual” id=”created_on_manual” tabindex=”…
ボタンの下の行に、下記3つのボタンをコピー(下記をコピペすればよい)

MT 3.3xでは3カ所あるので注意。

すると、エントリー画面の「MTエントリーの投稿日時」下に、ボタンが三つ表示される。

ボタンを押すと、「現日時」「昨日の23:59:59」「今日の23:59:59」に変更できる。

便利です。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です