「仕事」とは、突き詰めると「自分が働かなくても良い方法」を考えることである

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

IMG_1131

気を抜くと、仕事はあっという間に溜まってしまいます。自分ですべて処理しようとすると、パンクします。

発想を変えましょう。

仕事に取り掛かる前に「他の誰かにお願いできないか?」を考えるようにしましょう。

スポンサーリンク

人は指示されると動ける

自分で判断して、自分で行動しようとすると、大きなエネルギーを消費します。行動しながら、自分の判断が正しいかどうかをチェックしてしまいます。ブレーキを踏みながらアクセルを踏むような感じになってしまうのです。

人から頼まれたことは、意外とサクサクやれるものです。頼まれた以上は、やらなくてはいけないからです。

●思考と行動は分けたほうが良い

自分で考えて自分で行動するよりも、外注したり、サポートにお願いするほうが、圧倒的に仕事は進みます。思考と行動は分けたほうが効率が良いのです。

人にお願いすると「相手に迷惑をかける」と、嫌悪感を持つ人もいるかもしれません。しかし自分ですべてを抱え込んでパンクしてしまうほうが、周りに大きな迷惑をかけることになります。

自分が人から頼まれたことも「これは自分以外の人に頼めないかな」とまず考えます。そして、自分が適任と思えば、仕事を受ければよいのです。

他に依頼したことは、定期的に確認します。ポイントだけチェックすれば良いので、一から自分でやるよりも労力は圧倒的に小さいです。他人の目でチェックするので、セルフチェックするよりも精度が上がります。思考と行動を分けると、仕事の質も上がるのです。

サッカーで例えると、自分でドリブルしてシュートまで持って行くとかなり疲れますが、パスの得意な選手から良いパスを貰えば、労せずしてゴールできます。

仕事でも自分で全部やろうとせずに、良いパスを周りに出して、良いパスを周りから貰いましょう。ボールはシンプルにさばくのが一番です。

IMG_1128

身軽な自分を保つ

仕事を悶々と抱えるのではなく、周りに移管することで、身も心も身軽になります。

身軽になると、趣味の時間や、睡眠時間をたっぷりとれるようになります。そして、良いアイデアが出やすくなります。

「仕事ができる」というのは、画期的なアイデアを生み出す力です。仕事に追われる日常からは、アイデアは出にくいです。

▼▼▼▼

「仕事」とは、突き詰めると「自分が働かなくても良い方法」を考えることなのです。

発想を変えてみてください。

今日のわかった

仕事を交換しあって、自分の得意な事で勝負するのが一番効率が良いです。

※2014/8/12-13は夏休みのためブログを休載します。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です