ジャストフィットの靴インソールは、電子レンジで型を取る

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ビオンテック

自宅の電子レンジで、足の型をとれるインソールがあると聞いて、話を伺ってきました。

今回紹介してもらったインソールビオンテックという商品です。ドイツ語圏で大ヒットしているそうです。

スポンサーリンク

安価で手軽にカスタムできる

最大の特徴は、自分で自宅の電子レンジでインソールを温めて、そのまま靴に入れて履くことで、インソールが足の形に合わせて変形して、自分だけのソールを作れることです。

他社のカスタムインソールは、店舗にある専用のレンジなどの専用機器を利用してカスタマイズします。完成までに1-2週間かかり、値段も1万円から5万円と高価だそうです。店舗に2回行く必要があるので、面倒です。

対して、ビオンテックは、一般家庭で3分もあれば完成します。やり直しも2回までなら可能です。

ランニングには……

実はランニングやトレイルランなどに使えないかなと期待していたのですが、インソールを手にとってみると、1枚90gで結構重いです。激しい動きをするスポーツには向かなさそう。

その辺も輸入担当者さんに聞いてみたところ、工員さんが機械からの振動を和らげたり、ビジネスマンが革靴に入れたりと、動よりも静の用途の方が利用されているそうです。私はゴルフシューズで利用してみることにしました。

型取りは簡単

今回サンプルを頂くことができたので、実際に私も、電子レンジで温めて、靴に入れてカスタマイズしてみました。型がとれるまで2分間。確かにソールがじわじわ変形している感じがします。

型を取る前に、試しにシューズにインソールを入れてみます。もし、インソールが大きいようであれば、先端部分をハサミで切って、大きさを調整できます。

説明書の記載の通り、600Wで20秒加熱したのですが、温まっていないように感じたので、もう20秒追加しました。電子レンジによって加熱の差異はあると思うので、手で触ったときの熱さで調節すると良いと思います。ただし、熱すぎると火傷するのでご注意を。

履いた実感

カスタムしたソール入りのゴルフシューズを履いて、ウォーキングしたり練習場で打ってみました。ふくらはぎにフィットして気持ちが良いです。

ゴルフは足元の安定が大切なので、ラウンドでのスコアアップに期待です^^

ビオンテック

今日のわかった

商品のコンセプトは、すごく面白いと思いました。ただし、スポーツ用としてはちょっと重い感じです。できれば、スポーツ用のもっと軽いものを開発して欲しいです。

記事にもあるように、今回はモニターをさせて頂きました。輸入代理店は静岡県内の業者さんです。ご興味がある方がいれば、ご紹介します。

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です