iTunes APIの使い方

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

IMG_1303

iPhoneを購入してから、iPhoneアプリをブログ上で紹介する機会が増えてきました。ところが、リンクシェアのリンクビルダーは使いづらいので、自前でサービスを作っています。

最初はiTunesからクロールしようかと思ったら、iTunes APIなるものがAppleから提供されていました。ユーザー登録作業などは必要ありません。とても便利なのでありがたく利用させてもらうことにしました。取得データの形式はjsonです。

呼び出しurlの組み方をメモしておきます。2種類あります。

スポンサーリンク

search

例:
&country=JP&lang=ja_jp&limit=20&entity=software&offset=0

キーワード検索です。limitとoffset値で表示数と表示位置を調整できます。entityでジャンルを絞り込めます。ジャンルはこちらのページに書いてあります。attributeでもっと細かい絞り込みもできます。

lookup

例:

商品idがわかれば、一商品の情報を得ることができます。

のように、コンマで区切れば複数の商品情報も得ることができます。

コールバックしたい場合は、&callback=追加してください。

詳しい情報は本家の、iTunes, App Store, iBookstore, and Mac App Store Affiliate Resources – Search APIをご覧下さい。

▼▼▼▼

jsonデータの中身を確認するには、XML-JSON相互変換ツール – Bluehawk’s lab.が便利です。階層化して表示してくれます。私がいつも重宝しているツールです。

phpならjsonデータをオブジェクト化すると使いやすいです。

$json_data = file_get_contents($url);
$obj = json_decode($json_data);
foreach($obj->results as $item){
$img = $item->artworkUrl100;
・・・
}

のようなコードを書けば、オブジェクトとしてデータを取得できます。

今日のわかった

機能を色々詰め込もうとしたら、かなりのボリュームになってしまいました。7月中に完成するだろうか…・

関連記事
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です