マラソン応援私の方法 袋井クラウンメロンマラソン2015

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

今年も袋井クラウンメロンマラソンの応援に行ってきました。例年より気温が高く、ランナーにとって厳しい環境になったようです。

疲れているランナーが多かったので、応援にも熱が入りました。

スポンサーリンク

パネルと音楽で応援

今年もロッキーの音楽と、パネルで応援しました。このスタイルは、私が毎年出場しているつくばマラソンの「ロッキーおじさん」をリスペクトしてのものです。

32km地点にセットしました。すぐとなりの道は、往路の18km地点になります。前半はそちらで応援して、32km地点に移動すれば、2回応援ができるおいしい場所です。

準備したパネルはこんな感じ。

ランナーは余裕が無いので、文字や絵、音など色々な方法でメッセージした方が届きやすいです。

今まで色々な音楽を試してみました。去年18km地点で流したケニーロギンスのデンジャーゾーンも良かったと思うのですが、ロッキーには敵いません。心を揺さぶるものがあるんですよね。

ポータブルラジカセを新調

今まで使ってきたCDラジカセが動かなくなってしまったので、新しいラジカセを購入しました。

私の生活のなかで、CDで音楽を聞くことは少ないので、SDカードとUSBメモリー、iPhoneとペアリングできるポータブルラジカセを購入しました。

ダンスの練習用に開発されたラジカセだそうです。音量も大きくてバッチリでした。

ランナーの頑張りに拍手

32km地点で応援を開始した直後、急に背後から風が強くなってきました。パネルが倒れそうになりました。ランナーにとっては向かい風です。往路では吹いてなかったので、受難の風ですね。多くのランナーがペースダウンしている感がありました。

私設エイドのコーラも飛ぶように売れ、あっという間に無くなってしまいました。気温も例年より高かったですし、走りやすそうに見えて、キツイレースコンディションでした。

そんな中、ランナーに声をかけながら応援しました。ガッツポーズで応えてくれる人もいれば、苦悶の表情の中、小さく会釈してくれる方もいました。ほんの僅かな時間ですが、意思が通じ合うの嬉しいです。エネルギーをもらえます。

私自身、レース中に沿道の応援から力をもらって走っています。苦しいとき、一声かけてくれるだけで助かるのです。中学生の吹奏楽の演奏などは感動しすぎて、過呼吸になることも。

いつも応援してもらってばかりいるので。年に一度だけは、マラソンへの恩返しの意味もこめて、応援させてもらっています。

▼▼▼▼

同行した知人に急用が入り、12:30で撤収。サブ4.5くらいの人までしか応援できませんでした。来年また同じ場所でお会いしましょう。

今日のわかった

「マラソンはここから!」と叫んだら、女性ランナーがコクりとうなづき、ペースを上げていったシーンが特に印象に残っています。

ランナーみんなが、1秒でもタイムが伸びたことを願っています。

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です