まずブログより始めよ

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

頑張っているのに、前に進んでいない気がする方へ。

ブログを立ちあげて、思うことを言葉にして書いてみましょう。

スポンサーリンク

フォームが悪いと前に進まない

水泳で、いくら頑張ってバタ足して手をかいても、なかなか前に進まないと感じる方は多いはずです。

前に進まないのは、フォームが悪いからです。水の抵抗の多いフォームでいくら頑張っても、エネルギーをロスしてしまって、効率よく前に進めません。

仕事や人生も同じことです。自分では頑張っているつもりでも、前に進めていないと感じているのであれば、フォームが悪いのです。

人間社会において、前進するとは「周りから認められる」ということです。自分勝手や、ひとりよがりの行動は嫌われます。

「我が道を貫くことが成功につながる」こともあるでしょう。自己流でも良いですが、周りからの反応を見ながら、良いフォームを探したほうが成果がでます。

相手は変えられない。けど自分は変われる

ブログで、自分の思いを書きつづってみましょう。共感してくれる方がいれば、マーケットが生まれる可能性があります。反応がない場合は、コンセプトが弱いということです。

周りを動かすパワーが足りないことを確認できます。できないことを知る。これって割とすごいことです。

ブログ運営を通して、世の中が何を求めているのかを、テストマーケティングができるのです。

ブログには「これが正しい!」という形はありません。最終的には自分が納得できれば良いのです。満足できなければ、より多くの人々に受け入れられるように、自分が変わるしかありません。

「まずブログから始めよ」

世の中、何が当たるか分かりません。まずは、ブログで投げかけてみる。反応をみてみる。

将来何かを始める時、ブログは力になりますよ。

▼▼▼▼

この度、2作目の電子書籍を出版しました。

前著と同様に、当ブログの記事をテーマに沿ってピックアップして、加筆修正してまとめました。

基本的にブログ指南本です。ブログ起業という名前の通り、少しビジネス寄りの内容になっています。

ブログを盛り上げたい方、起業をしたい方、Kindle電子書籍を出版してみたい方の参考になると思います。

2015年6月22日の朝、コンピュータ・IT(紙書籍との総合順位)の売れ筋ランキングで、2位まで上がってきています!

今日のわかった

本記事のタイトルは「まず隗より始めよ」という故事成語から頂きました。

故事成語の通り、いきなり大きなリスクを背負うより、まずは身近なブログから始めてみてはいかがでしょうか?

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません

push7 feedly
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です